ホーム » 2017年インターンシップ ビジネス・パブリックコース 6月8日(木)受入先ご担当説明会開催報告

2017年インターンシップ ビジネス・パブリックコース 6月8日(木)受入先ご担当説明会開催報告

【開催御礼】

「2017年度 インターンシップ・プログラム ビジネス・パブリックコース 受入先ご担当者説明会」は、皆様のご支援ご協力のおかげをもちまして、70名以上の受入先のご担当者にご参加いただき、盛大に終えることができました。

【開催報告】

インターンシップ・プログラムの概要と講義内容について、チーフコーディネーターの河村 律子先生(立命館大学 教授)からお話いただきました。学生を厳しく育てることを教育プログラムの目的としているので、実習中も学生に厳しく指導をお願いしたいことや、事前学習でしっかり業界・企業、自分の目標を確認して実習にいかせていることなどをお話しいただきました。 

_MG_0024

続いて、受入先の想いについて、受入先代表としてインターンシップ事業企画検討委員会委員で三共精機株式会社代表取締役社長の石川 武 様より、受入先として自立する人材を育成する重要性についてお話しいただきました。受入先ご担当者による事例報告として、医療法人社団千春会管理部・向井 弘美様、株式会社ハートフレンド(総合食品スーパーフレスコ)総務人事本部副部長・並河 祥吾様、京都府庁こども総合対策課副課長・吉田 光宏様に、実習内容と工夫点、今後の新たな取組みについてご紹介いただきました。

_MG_0038 _MG_0047

_MG_0071 _MG_0078

 

インターンシップ受け入れに関するガイドラインについて、事務局より「インターンシップ受入先ガイドブック」をもとにご説明をさせていたきました。とりわけ教育プログラムとして重要なのは、実習中の学生への「声かけ」による「振り返り」を促していただくこと、6月の学生による事前訪問時に実習内容の説明を明確に行っていただくこと、単位認定等の手続きに係り受入先からの提出物の期限厳守について、等をお話しさせていただきました。

最後に、総合コーディネーターの古川 秀夫先生(龍谷大学 教授)より、本日の総括についてお話しいただき、その後、事務局で割り振らせていただきましたグループに分かれて、コーディネーターとの意見交換を行いました。

_MG_0142  _MG_0168

_MG_0125 _MG_0115

 

 ★ご参加いただけなかった受入先の皆様には、コチラから当日の資料をご確認いただけます。大切なことを記載しておりますので、必ず近日中に内容をお読みください。よろしくお願いいたします。

 

お問い合わせ先

公益財団法人 大学コンソーシアム京都 インターンシップ事業推進室
TEL 075-353-9106 FAX 075-353-9101
〒600-8216 京都市下京区西洞院通塩小路下るキャンパスプラザ京都内
※窓口受付時間:火~土曜9:00~17:00(年末年始を除く)

PAGE TOP