ホーム » 京都学生祭典 中間振り返りワークショップを開催しました!

京都学生祭典 中間振り返りワークショップを開催しました!

京都学生祭典事業における学生支援

大学コンソーシアム京都では、学生自身が「主体的につくり上げること」をベースに、学生の日々の活動をサポートしており、その一環として、先日、中間振り返り会を開催しました。
10月12日(日)の京都学生祭典本祭まで残り2か月となった今、学生実行委員がこれまでの活動経過を振り返り、今年の当初目標の達成度を確認しながら今後力を注ぐべきことを洗い出し、本番までの残された時間をより有意義に活用するための具体的な行動計画を立てる機会を提供しました。

PDCAサイクルモデル

本事業では、学生の活動を一つのプロジェクトに見立て、チームで一つの目標に向かい、チームで成果を出すことに重点を置いたPDCAサイクルの手法を取り入れ、活動の円滑な遂行と事業の改善、事業の継続的発展を目標に掲げ、以下の支援方法を推進することで学生の成長を促す仕組みづくりに取り組んでいます。

 1.計画期(11~5月頃):情報収集・気付きを与える・企画立案
 2.試行期(5~9月頃):プレ企画(本祭を模した中規模企画)の実施
 3.検証期(7~8月頃):中間振り返りワークショップの実施
 4.実行期(10月):本企画の実施
 5.成果発信(10~11月頃):事後振り返りワークショップ、成果報告会の実施

 

中間振り返り会 開催報告

1.概要

 日程
 2014年8月5日(火)18時10分~21時30分
 会場
 キャンパスプラザ京都 4階第2講義室
 講師
 京都文教大学 総合社会学部 森正美教授
 参加
 京都学生祭典実行委員 60名

  IMG_0224  IMG_0079

2.目的

 (1) 個人目標・部署目標・全体目標の達成度を認識する
 (2) 振り返りの重要性を認識する
 (3) 体験を言葉にして人に伝える
 (4) 振り返りで気づいた点を踏まえ、本祭までに力を注ぐべきことを明確にする
           (今後の活動に生かすための行動計画を立てる)

 

3.内容

(1)導入と個人ワーク
■個人目標と全体の目標を振り返る
[個人目標]
・個人目標の達成度(祭典での個人的目標の再確認/達成度と理由を記載する)
[全体目標]
・部署目標と全体目標が何であったのかを思い出して記載する
・部署目標と全体目標を達成するために自分がどういう関わり方をしてきたか、できたことできなかったことを理由も含めて記載する

(2)グループワーク (部署毎にグループ編成)
・グループごとでの個人ワークのシェア
・各グループでワークの内容をまとめ報告を考える
・これまでの活動と初期目標が合致しているのかを確認し、課題を整理する

(3)各部の紹介・プレゼンテーション
・グループ単位で発表する
・グループワークで確認したものをシェアする 

(4)グループワーク
・他のグループの発表を聞いて気づいたこと、課題解決の方法を話し合う
・何を意識して今後活動するのか、具体的な行動計画を立てる

(5)まとめ
・行動計画を発表する(グループ代表者)

   IMG_0146   IMG_0192

4.成果 

■目標達成度と部署間連携の重要性を把握
学生実行委員は日頃からタスクに追われていることが多く、自分たちの活動を中間段階で振り返る機会が殆どありません。今回の中間振り返り会は、そんな日頃の活動が自分たちの当初目標と同じ方向を向いているか、またその到達度はどの程度かを確認することから始まり、部署内はもちろん、他部署の状況も把握することで、部署間での連携や情報共有の大切さを認識する場となりました。

■行動計画の策定と意識統一
本祭までの残り2か月間の行動計画を立てるというワークにおいては、計画した行動レベルがグループ毎で多少差があったものの、残された時間で自分たちにできること、優先すべきことは何かを整理する良い機会となりました。加えて、他部署の行動計画も共有し合えたことで、実行委員会という大きなチームが、本祭成功という一つの目標に向かって士気を高める貴重な時間となりました。

5.今後の予定

 2014年10月12日(日) 第12回京都学生祭典本祭(平安神宮・岡崎公園一帯)
 2014年10月18日(土) 事後振り返りワークショップ
 2014年10月下旬 成果報告会 

お問い合わせ

公益財団法人 大学コンソーシアム京都 京都学生祭典 担当
TEL 075-353-9189 FAX 075-353-9101
〒600-8216 京都市下京区西洞院通塩小路下るキャンパスプラザ京都内
※営業時間:火~土曜9:00~17:00(年末年始を除く)

PAGE TOP