ホーム » 【終了しました】京都学生祭典 東北プロジェクト成果報告会を開催します!

【終了しました】京都学生祭典 東北プロジェクト成果報告会を開催します!

東北プロジェクト

プロジェクトの発足と変遷

touhokulogo東日本大震災が起こって2年が経とうとしていた2013年、京都の学生のほとんどが当時の東北の実状をまだ自分たちの目で見たことがない現状でした。この未曽有の災害を、学生自身が直接被災地に行くことで見て、感じ、さらなる学びを深めたいという位置づけで、2年前、このプロジェクトは立ち上がりました。
昨年は、行程の中に被災地の見学や災害ボランティアセンターの方からの講習会などを組み込み、東日本大震災そのものについて学ぶ機会をとり入れました。
また、前年にも行われていた現地の方々に対する京炎そでふれ!スペシャルバージョンの披露や留袖・四つ竹体験などのおどり企画に加え、現地の方々と一緒に京都の食材を使って昼食を作る企画を行いました。
tohoku2

プロジェクト 3つの意義

    1. 京都の学生のパワーを直接東北に届けに行き、現地の方々に元気を届ける
    2. 東北に行くことによって、東日本大震災を直接肌で感じることで、京都の学生の人間的な成長につなげる
    3. 東北に行き、そこから感じたものや学んだことを京都で発信することによって、震災の風化を防ぐ

2015年度の取組み

2015年度は、多くの笑顔や感動を現地の方々に届けるために現地の方々から特に好評だったおどり企画を中心に行い、被災地見学や災害ボランテイアセンターとの交流会により、震災に対する理解を深めました。これらの経験と学びを、実行委員会や関係者だけでなく京都地域のお世話になっている方々に向けて報告会等を実施することで、より多くの人に東日本大震災のことを思い出してもらうきっかけを作り、京都学生祭典実行委員会が京都地域における震災の社会的風化を防ぎ、防災意識の向上を目指すことを目的に以下の通り成果報告会を開催します。
以下詳細をご確認の上、是非ともお越しください。

今年度の活動の様子⇒⇒

tohoku1

成果報告会

 日時

2015531日() 18:3020:00 ※18:20開場

 場所

キャンパスプラザ京都 2階 ホール

 対象者

一般のお客様・祭典関係者・実行委員・おどり手
※一般の皆様にもご自由にご覧いただけます。(申し込み不要)
お気軽にお越しください

協力

大阪ガス株式会社

 内容

■タイムテーブル
18:30- 開会挨拶
18:35- 東北訪問報告・東日本大震災について
19:10- 防災への備え(大阪ガス株式会社)
19:40- 身近なもので防災グッズを作ってみよう!
19:55- 閉会挨拶

【開催チラシ】はこちらからダウンロードできます☛ecalbt011_005

▽京都学生祭典公式Webサイト▽
saiten_banner_234-60

お問い合わせ

京都学生祭典実行委員会
〒600-8216 京都市下京区西洞院通塩小路下ルキャンパスプラザ京都内(月曜日休館)
Tel:075-353-9432   Fax:075-353-9431
E-mail:saiten13th-ml■consortium.or.jp(■を@に変えて送信してください)
京都学生祭典公式Webサイト:http://www.kyoto-gakuseisaiten.com/

PAGE TOP