ホーム » 【開催御礼】第20回京都国際学生映画祭の受賞結果を発表!

【開催御礼】第20回京都国際学生映画祭の受賞結果を発表!

開催報告

未来の映画界を担う若き才能を発掘する京都国際学生映画祭は、11月25日(土)から京都シネマで開催し、12月1日(金)盛況裡に閉幕いたしました。
第20回の映画祭コンペティション(実写部門・アニメーション部門)には、38の国と地域から485作品の応募があり、学生実行委員が厳選した16作品を上映いたしました。
最終日の12月1日(金)の授賞式には、入選監督と最終審査員の山下敦弘氏、大寺眞輔氏、水尻自子氏をゲストとしてお招きし、実写部門とアニメーション部門のグランプリと各最終審査員賞、観客賞を発表いたしました。
授賞式ではグランプリ2作品の上映を行った後、最終審査員から講評を頂き、映画を通じた国際交流や相互理解の場を創出することが出来ました。
受賞作品は以下のとおりです。若手監督の今後のご活躍を祈念いたします。
映画祭が無事、すべてのプログラムを終えましたこと、ご来場いただいた方、またご支援・ご協力いただいた皆様に厚く御礼申し上げます。

<実写部門グランプリ発表>                      <授賞式・最終審査員によるトークショー>
 
   
    
      
    
    
    
    
 

日程 ■プログラム上映
2017年11月25日(土)~11月30日(木)
 ■授賞式/グランプリ上映/トークショー
2017年12月1日(金)
会場 京都シネマ(COCON烏丸 3F)
主催 公益財団法人大学コンソーシアム京都
企画運営 第20回京都国際学生映画祭実行委員会
運営支援 京都国際学生映画祭企画検討委員会


開催プログラム 


↓クリックするとリーフレットをご覧いただけます。↓

作品応募受付結果

38の国と地域から485作品の応募をいただきました。たくさんのご応募ありがとうございました。

 

  国内 海外
2017年度 129 356 485
2016年度 167 372 539
2015年度 123 94 217
2014年度 163 187 350
2013年度 212 145 357

 

コンペティション部門結果

King実写部門グランプリ
Grand-Prix for Live-action Film


『沈没家族』 
監督:加納土
学校:武蔵大学
2017/72min/日本
<あらすじ>

 私の母はビラを撒いて、幼い私を育てるため家にいない間、代わりに保育してくれる人を募集した。集まった大人たちで始まった共同保育の取り組みは「沈没家族」と名付けられた。そして15年が経ち、大人になった私は保育人たちに再び会いにいくことにした。

 

Kingアニメーション部門グランプリ
Grand-Prix for Animated Film


 
『Cipka / Pussy』 
監督:Renata Gąsiorowska
学校:Polish National Film School in Łódź
2016/8min/ポーランド
<あらすじ>

少女は夜、家にひとりで過ごしている。彼女は一人で愉しもうとしていたが、すべてが思い通りにいくわけではなかった。

 

King最終審査員賞
  山下敦弘賞
The Final Judge, Nobuhiro Yamashita Award


 
『Australia』 
監督:Rodrigo Ruiz Patterson
学校:Centro de Capacitación Cinematográfica
2016/29min/メキシコ
<あらすじ>

エレナは、40歳を迎えて不妊に懊悩する女性である。最後と決めた挑戦も報われず、一方彼女の隣人は赤ちゃんとともに病院から戻ってきた。エレナは隣人がいない間に隣の家に忍び込み、赤ちゃんモニターを持ち帰ってドアの向こうでなにが起きているのか盗み聞くようになった。

King最終審査員賞
  大寺眞輔賞
The Final Judge, Shinsuke Odera Award


 『Tough』
 

監督:Jennifer Zheng
学校:Kingston University London
 2016/5min/イギリス
<あらすじ>

 大人になって初めて理解できることもある。中国人の母とイギリス生まれの娘が大人同士として初めて話すとき、幼いころの文化の上でのすれ違いに新たな光が当たる。
  

King                    最終審査員賞
                     水尻自子賞
            The Final Judge, Yoriko Mizushiri Award                 
 
 

 『here AND there』 
監督:小光
学校:東京芸術大学
2017/4min/日本

<あらすじ>
こちらとあちら、あちらとこちら。初夏のある日、3つの風景で起きる小さな出来事たち。
 

King観客賞
Audience Award

実写部門グランプリ『沈没家族』が観客賞も受賞しました!
 『沈没家族』 
監督:加納土
学校:武蔵大学
2017/72min/日本
 
 ※観客賞は、本祭開催期間に作品をご覧になったお客様より、アンケート集計し、一作品が選ばれます。

・その他の入選作品

部門 作品 監督 製作校 製作年/制作国
実写 Generation Mars Alexander Turpin The Norwegian Film School 2016/25min/
ノルウェー
アニメーション Письма куклы / Doll’s Letters Natalia Grofpel Russian State University of Cinematography n. a. S. Gerasimov (VGIK) 2016/7min/ロシア
実写 チョンティチャ / Chonticha at end of the summer 福田芽衣 
(Mei Fukuda)
東放学園映画専門学校 2017/40min/日本
実写 SARA THE DANCER Tim Ellrich Filmakademie Baden-Württemberg 2016/13min/ドイツ
アニメーション Race Yan Dan Wong Kingston University 2016/3min/イギリス
実写 노이즈 / Noise Ji-young Lim Korea National University of Arts 2017/25min/韓国
実写  Watu Wote / All of us Katja Benrath Hamburg Media School 2017/22min /ドイツ
アニメーション I think I love you Xiya Lan California Institute of the Arts 2017/7min/アメリカ
実写 The Wedding Sebastian Mayr Filmakademie Wien 2016/40min/
オーストリア
実写 FILAMENT 田中 大貴 
(Daiki Tanaka)
日本大学芸術学部 2017/30min/日本
実写 PRIA Yudho Aditya Columbia University 2016/22min/アメリカ

 ☆☆20回京都国際学生映画祭 詳しい情報はこちら☆☆

☆☆京都国際学生映画祭 公式ホームページはこちら☆☆

☆☆↓こちらからも、活動の様子をご覧いただけます☆☆

FacebookFacebookロゴ        twitterTwitterロゴ   公式ブログプレゼンテーション1

お問い合わせ

第20回京都国際学生映画祭実行委員会
〒600-8216 京都市下京区西洞院通塩小路下ル キャンパスプラザ京都6F
TEL:075-353-9430 FAX:075-353-9101
MAIL:info■kisfvf.com(■を@に変換の上送信してください) 

 

PAGE TOP