単位互換制度特設サイト

単位互換特設サイト

特色ある科目

プラザ推奨科目

「プラザ推奨科目」とは、プラザ科目のうち、大学コンソーシアム京都が特に特色があると認定した科目で、学生に受講を推奨している科目です。複数の教員や実務者等のゲスト講師によるチェーンレクチャーやリレー講義を実施する科目、また、フィールドワークやPBL(※)、実習などを取り入れた学生が主体的・能動に学ぶ演習系の科目が開講されます。各大学が自信を持って提供している非常に興味深い科目ばかりです。単位互換で新しい学びを体験したい方は、ぜひとも受講してください。

※ PBL(Project Based Learning)とは、課題発見・解決型の能動的学習のことです。

京都世界遺産PBL科目

プラザ推奨科目のうち、京都の世界遺産をフィールドにPBLを展開する科目が「京都世界遺産PBL科目」です。本科目は、各大学と「明日の京都 文化遺産プラットフォーム」、「大学コンソーシアム京都」が協力して運営しております。授業では、主にグループでの学習を通じて、世界遺産やその周辺地域が抱える課題を自らで発見し、解決案を提案します。他大学の学生と協力しあいながら、世界遺産の関係者との対話を通じて課題解決に取り組むという、コンソーシアムの単位互換ならではの科目です。他大学の学生と協働したい方、京都や文化遺産に興味のある方は、ぜひとも受講してください。

協力団体 : 明日の京都 文化遺産プラットフォーム

その他、特徴的な科目

海外研修科目

大学での学習は教室内での講義や演習だけにとどまるものではありません。単位互換制度では、海外において一定期間の研修を行い、その成果を単位として認める海外研究科目も提供しています。単なる海外旅行とは異なり、あくまでも大学での学びの一環として、海外研修出発前に、事前学習で得た知識を現地にて深めるプログラムとなっています。

早稲田大学「夏季集中講座」

早稲田大学の提供科目は、「夏季集中講座」科目です。夏期休暇を利用して早稲田大学の授業を履修できます。授業日程等詳細は、早稲田大学グローバルエデュケーションセンターホームページを確認してください。

教職科目

京都教育大学から教職免許取得に直結する科目が提供されています。従来、教職科目は所属大学でしか受講する事ができませんでしたが、「第二の選択肢」として単位互換でも受講できるようになりました。出願に際しては、事前に所属大学の教職免許窓口に相談してください。

ページトップへ