ホーム » 交通機関の不通、警報等の発令時おける休講措置について

交通機関の不通、警報等の発令時おける休講措置について

キャンパスプラザ京都で開講される単位互換・京カレッジ科目である「プラザ科目」では、暴風警報や特別警報の発令時や、災害またはストライキ等で交通機関の運行休止等が発生した場合、授業・試験を休止する基準を以下のとおり定めていますので、基準に従い各自で判断してください。なお、大学・短期大学のキャンパスで開講される「オンキャンパス科目」については、各大学・短期大学の指示に従ってください。

 

1.授業・試験の休止基準

次の(1),(2)いずれかに該当する場合、授業や試験を休止・延期します。警報の発令・解除及び交通機関の運行状況は、テレビ・ラジオ等の報道機関あるいは気象庁のホームページ等で確認してください。また、次の基準にかかわらず、大学コンソーシアム京都が授業・試験の実施に支障があると判断した場合は、授業・試験を休止することがあります。

(1)警報の発令

  京都府南部または京都・亀岡区域(二次細分区域)に特別警報または暴風警報が発令された場合 

(2)交通機関の運行休止
  下記のうち2つ以上の交通機関が同時に全面的・部分的に運行休止または運転見合わせの場合

   ①  京都市バスまたは京都市営地下鉄(全路線)

   ②  JR(京都線、琵琶湖線、湖西線、奈良線、嵯峨野線のいずれか)

   ③  京阪電車(出町柳~淀屋橋または中之島間)

   ④  阪急電車(河原町~梅田間)

   ⑤  近鉄電車(京都~大和西大寺間)

 

2.授業・試験の実施基準

暴風警報が解除された場合、または交通機関の運行が再開された場合は、以下の基準により授業・試験を実施します。なお、授業中または試験中に警報が発令された場合は、原則として実施中の授業・試験については休止または延期せず、その次の時限から休止または延期の措置を取ります。

判断基準

対 応

7:00までに解除または運行再開の場合

1講時(9:00)から実施

10:30までに解除または運行再開の場合

3講時(12:40)から実施

14:00までに解除または運行再開の場合

5講時(16:20)から実施

14:00を過ぎても解除または運行再開されない場合

終日授業・試験を休止

 

3.授業休止または試験延期後の措置

 授業休止による補講、試験休止による試験日の設定は、教員や科目提供大学とも調整の上、e京都ラーニングやキャンパスプラザ京都1階掲示板等でお知らせします。

PAGE TOP