【大学職員対象】2019年度SDゼミナール受講生募集中!!<申込締切4月30日(火)>

2019年度SDゼミナール受講生募集について

SDゼミナールは、将来の大学運営を自律的・主体的に担う職員の育成を目指した事業です。
全8回の連続研修プログラムで構成されており、成果発表の場として公開プレゼンテーションや修了レポートの執筆など、大学職員として必要な知識を体系的に習得できるカリキュラムを提供しております。
また、SDゼミナール修了後もフォローアップ研修等の、様々なフォローアップの機会を設けております。

ステップアップを目指されている職員の皆さまのご応募をお待ちしております。

対 象 SDゼミナール開始日の時点で、職務経験5年以上の大学職員
(内、大学職員としての職務経験が3年以上。職位問わず。)
定 員 20名(受講申込書に基づき、書類選考を行います。)
参加費 大学コンソーシアム京都加盟大学・短期大学の方:15,000円
上記以外の方:60,000円
※一度納入された受講料は、返金等には応じられませんので、予めご了承ください。

研修プログラム

<第1回>   6月 1日(土)13:45-17:30
<第2回>   6月 8日(土)13:45-16:55
<第3回>   6月15日(土)13:45-16:55
<第4回>   6月22日(土)13:45-16:55
<第5回>   6月29日(土)13:45-16:55
<第6回>   7月 6日(土)13:45-16:55
<第7回>   7月13日(土)13:45-16:55
<第8回>   7月20日(土)13:45-16:55
<公開プレゼンテーション> 9月7日(土)13:00~17:00

※ 上記、実施時刻については予定であり、変更となる場合がございます。

申込締切:2019年4月30日(火)

 SDゼミナールの申込方法、プログラム内容等
詳細コチラ

 

 

教職員向け IELTS pretesting 体験会(無料)開催のお知らせ

事業概要

IELTS(アイエルツ)は世界140ヵ国、10,000以上の機関で認定されている英語テストです。
世界で年間300万人以上の受験者が、留学・移住・就業のために受験しています。
IELTS
Pretestはケンブリッジ大学英語検定機構が提供する研究目的の「無料」テストです。
IELTSを受ける前の練習として、ぜひご活用ください。

開催概要

プレテストは実際のIELTS試験に近い形で行います。
IELTSがどんな試験か興味のある方、IELTSを受験する予定のある方、自分の英語力を測りたい教職員の方々のご参加をお待ちしております。

日時 2019年5月24日(金) 13:30~18:00 (13時受付開始)
会場 キャンパスプラザ京都 5階 第1共同研究室
地図:http://www.consortium.or.jp/about-cp-kyoto/access
対象 ・大学コンソーシアム京都の加盟大学に所属する教職員の方
・IELTS試験に興味のある方や受験する予定の方
・自分の英語力を測りたい方
定員 25名(事前申込要)
内容 ・IELTS概要・プレテスト実施説明(45分)
・リスニングテスト(45分)
・リーディングテスト(80分)
・ライティングテスト(65分)
・Q&Aセッション(25分)
(実施:公益財団法人日本英語検定協会)
申込 以下の項目を記載の上、下記問い合わせ先までメールにて申し込み
件名:教職員向けIELTS Pretesting体験会参加申込み
本文:①所属大学 ②氏名(ローマ字併記)③電話番号 ④メールアドレス 
⑤申込動機(3行程度)
締切 2019年5月15日(水)
費用 無料


(受験者の方への注意事項)

*携帯電話の電源を切り、腕時計、電子機器等と一緒に手荷物にしまって下さい。
*机上におけるのは鉛筆、消しゴム、透明なペットボトルに入った水の3点です。
*本番のIELTSと異なり、受付の際にパスポートは必要ございません。
 
   チラシはこちらから
 
<問い合わせ>(公財)大学コンソーシアム京都 国際事業部担当
TEL:(075)353-9164
FAX:(075)353-9101
e-mail:kokusai■consortium.or.jp(■を@に変更して送信ください)

文化庁地域文化創生本部と大学コンソーシアム京都の連携協定締結について

文化庁地域文化創生本部と大学コンソーシアム京都は、相互の人的、知的、物的資源の交流・協力・活用を図る連携協定を締結しました。
今後、本協定に基づき、文化庁地域文化創生本部と大学コンソーシアム京都加盟校とのネットワーク強化や、それぞれが実施する事業での相互協力など、具体的な連携を進めていきます。

【協定の概要】
[目的]
文化庁と大学との連携により、我が国の文化芸術振興、地域文化創造及び学びの充実を促進する政策を推進するため、相互の人的、知的、物的資源の交流・協力・活用を図る連携協定を締結することにより、文化庁の京都移転に向けた機運醸成、並びに大学のまち京都のさらなる発展を図る。

[連携事項]
○文化庁地域文化創生本部と大学コンソーシアム京都は、上記の目的を達成するため、研究・情報交流、人材交流、人材育成、施設利用、その他両者が必要と認めた事項について連携し協力する。
○大学コンソーシアム京都は、大学コンソーシアム京都加盟校と創生本部との連携促進に協力する。

[締結日]
平成31(2019)年3月23日

SD共同研修プログラム「ビジネスマナー」(5月31日)参加申込受付中です!

 

ただいま、SD共同研修プログラム『ビジネスマナー』の参加申込を受け付けております。
新任、若手・中堅職員から指導・教育担当の方まで、幅広い層を対象としたプログラムです。

「ビジネスマナー」は社会人にとって不可欠な基本のスキルです。
仕事に慣れるにつれ、おろそかになったり我流になってしまいがちです。
ぜひこの機会に見直しませんか?
若手からベテランまで今の仕事に活かせるコミュニケーションの取り方を一緒に学びましょう。

《研修のねらい》
① ビジネスマナーやコミュニケーションスキルを磨く
② チーム連携を高める依頼の受け方、報連相の実践法を会得する
③ 指導方法を学びビジネスマナーの職場定着に役立てる


講師:教育コンサルタント 高岡 里衣 氏
【日 時】2019年5月31日(金) 9:30~17:00
【会 場】キャンパスプラザ京都【アクセス】
【対 象】教職員
【参加費】加盟校4,000円(非加盟校10,000円)
【定 員】20名
【申込締切日】2019年5月20日(月)
主 催:公益財団法人大学コンソーシアム京都

詳細コチラ

【学生対象】第22回京都国際学生映画祭実行委員を募集中!

京都国際学生映画祭とは?

京都国際学生映画祭は、京都を中心とする関西圏の大学生が主体となり企画・運営を行う日本最大の国際学生映画祭で、2019年度で第22回を数えます。
学生が制作した自主映画を世界各地より集め、実行委員が審査をし、上映する機会を学生が作り出し、未来の映画人の発掘を目的としています。
京都は、歴史的に見ても日本映画黎明期の文化遺産を現在も継承する「映画のまち」であり、京都市の人口の1割を学生が占める「大学のまち・学生のまち」でもあります。
本映画祭では、多くの可能性に満ちた世界の作品の中から映画に新たな領域を加え得る才能を発掘・紹介することで、国際交流や相互理解の場を創出し、京都の活性化をめざしています。

実行委員会

第22回京都国際学生映画祭では現在、映画祭を盛り上げてくれる学生を募集しています。映画祭では、国内・海外問わず様々な作品が寄せられます。実行委員会は作品の募集から審査、映画祭の企画まで学生主体で行っています。広報活動や協賛依頼といった一連の活動から、映画祭運営のノウハウを学ぶことができます。
実行委員会には学年問わず色々な大学や学部の学生が参加していますので交友関係も広がります。初心者でも先輩実行委員や大学コンソーシアム京都職員が活動をサポートしますのでお気軽にお問い合わせください。

こんな方におススメ

☆映画好き ☆たくさんの学生映画を見てみたい ☆映画イベントの企画・運営がしたい ☆他大学の学生と交流をもちたい ☆海外や国内の学生監督と交流したい ☆映画関係者と知り合いたい ☆語学力を高めたい・語学力活かしたい ☆チラシ等のデザインや広報にかかわりたい 
あなたも実行委員として京都国際学生映画祭を盛り上げませんか。

新規実行委員の申込みは ↓ こちらをご覧ください。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

実行委員会紹介

活動場所 キャンパスプラザ京都(6階事務室、5階共同研究室)
活動頻度 毎週1回程度のミーティング、作品鑑賞、研修等(月による)
部署紹介 審査部門、企画部門、国際部門、渉外部門、広報部門、制作部門
参加大学(実績) 京都大学、京都外国語大学、京都産業大学、京都女子大学、
同志社女子大学、同志社大学、立命館大学、関西学院大学 等
主催 公益財団法人 大学コンソーシアム京都


 

 

 

 

 

 

お問い合わせ

第22回京都国際学生映画祭実行委員会
 〒600-8216 京都市下京区西洞院通塩小路下ル キャンパスプラザ京都内
TEL:075-353-9430(月曜休) FAX:075-353-9101
E-MAIL:info-kisfvf-ml@consortium.or.jp
HP:http://www.kisfvf.com

2019年度SD共同研修プログラム 参加申込受付中です!

2019年度からプログラムの名称を「SD共同研修プログラム」に変更いたしました。
 

2019年度SD共同研修プログラム(旧名称:大学職員共同研修プログラム)の
参加申込を受け付けております。

SD共同研修プログラムは、職員の能力向上や大学業務の効率化・高度化を目的に、
スケールメリットを活かした各加盟大学等の経費削減を目指した事業です。

今年度は大学職員の方を講師に迎え、自大学での取り組みを振り返り、
交流しながら学び合えるプログラムもご用意しております。

大学を越えた情報交換やネットワークづくりの機会としてもご活用いただければ幸いです。
皆さまのご参加をお待ちしております。

2019年度SD共同研修プログラム(旧名称:大学職員共同研修プログラム)

プログラム 開催日 申込締切日 対象の目安
ビジネスマナー 5月31日(金) 5月20日(月) 全職員
アサーション(自己表現)
~多様な相手の立場を踏まえ、自分の考えもきちんと伝える~
6月14日(金) 6月3日(月) 全職員
問題解決力向上 8月2日(金) 7月22日(月) 勤続3年以上
リーダーシップと職場活性化 8月28日(水) 8月19日(月) 中堅職員
学生支援の基礎知識 9月20日(金) 9月9日(月) 全職員
教育支援の基礎知識
事務職員による正課外での学習活動支援
~ラーニングコモンズでできること~
11月21日(木) 11月11日(月) 全職員

主 催 : 公益財団法人大学コンソーシアム京都
会 場 : キャンパスプラザ京都【アクセス】

  2019年度SD共同研修プログラムの研修概要、申込方法等

詳細コチラ

「SDガイドブック2019」を公開しました!

 

「SDガイドブック」は、大学職員として働きはじめた方を対象に、
大学職員の能力開発の取組を指すSD(Staff Development)に興味を持ってもらい、
高等教育で働く意識を高めてもらうことを目的として作成しました。
将来の大学運営を担う、大学職員の皆さまの能力開発の一助となれば幸いです。
PDFファイルをダウンロードいただけますので、ぜひご活用ください。

Ⅰ.SDとは何か
Ⅱ.大学職員に求められる職能
Ⅲ.公益財団法人大学コンソーシアム京都のSD事業
Ⅳ.国内のSD関連プログラム
Ⅴ.加盟校における特色ある研修制度
Ⅵ.高等教育と国の政策動向を知る情報源
Ⅶ.高等教育に関する主な定期刊行物およびSD関連書籍

発行元:公益財団法人大学コンソーシアム京都SD研修委員会

詳細コチラ

キャンパスプラザ京都 使用料改定について【確定】

 

2019年10月1日から、消費税率が8%から10%に引き上げられることに伴い、
キャンパスプラザ京都の使用料の改定に伴い「京都市大学のまち交流センター条例」の
改正案が市議会にて可決されました。

改正案が可決されましたので、キャンパスプラザ京都施設使用料一覧のとおり

2019年10月1日から使用料を改定いたします。

利用者の皆様におかれましては、何卒ご理解のほどお願い申し上げます。

GW前の振込(前納)の受付対応について

 

GW期間中の金融機関の休業に伴い、支払期限が連休にあたる
下記の期間は、施設予約受付にて振込(前納)は対応できかねます。

 ● 振込(前納)対応不可となる期間
   2019年4月17日(水)~23日(火) 受付分

ご利用者の皆様にはご不便をお掛けいたしますが、

ご理解賜りますようお願い申しあげます。