公開講座

京都大学

講座名内容詳細
公開講座「春秋講義」
→詳細はこちら
春秋講義は、京都大学における学術研究活動の中で培われてきた知的財産について、広く学内外の人々と共有を図るため、1988(昭和63)年秋から開講している公開講座です。年に2回、春と秋にメインテーマをもうけ講義を行います。PDF 

京都教育大学

講座名内容詳細
公開講座
→詳細はこちら
京都教育大学は、その名のとおり「教育者を養成する」大学であり、教育や教職、各教科に関連した学問や芸術など幅広い分野における教員が所属しています。その特色を活かし、子ども向けから大人向けまで幅広い年齢層の方に受講いただけるさまざまな分野の公開講座を年間を通して開講しています。PDF 
公開講演会
→詳細はこちら
京都教育大学は、その名のとおり「教育者を養成する」大学であり、教育や教職、各教科に関連した学問や芸術など幅広い分野における教員が所属しています。
その特色を活かし、年度ごとに異なるテーマの公開講演会を年3回開催しています。
事前申込み不要ですので、HPをご覧のうえ、ぜひお越しください。
PDF 

京都工芸繊維大学

講座名内容詳細
冬の畑探検隊
夏休み体験教室
→詳細はこちら
嵯峨キャンパスにある生物資源フィールド科学教育研究センターでは、圃場を中心に親子参加の観察会や体験教室を開催しています。「冬の畑探検隊」では、ミニ講演会で知識を得て、ルーペや図鑑の使い方を学習します。その後、実際にフィールドに出て、冬眠する虫を探したり、畑で冬を迎える植物を観察したりして、動植物の冬越しについて学びます。PDF 
子ども自然観察会 ミニ昆虫展
→詳細はこちら
京都産昆虫種で日本固有種のヤママユをはじめ、里山に生息する絹糸昆虫等を観察することから、環境問題や生物多様性の危機について考える学習会や講演会、ミニ昆虫展等を子どもや一般市民向けに開催しています。公益財団法人京都都市緑化協会と連携した野外観察会では、昆虫採集を通じて、森の自然環境にふれることができます。PDF 

京都市立芸術大学

講座名内容詳細
芸術資源研究センター(芸資研) アーカイブ研究会
→詳細はこちら
芸術資源研究センター(芸資研)は,本学及び京都の芸術作品や各種資料等を「芸術資源」として広い視点から捉え直し,将来の新たな芸術創造につなげることを目的に平成26年4月に開設しました。
芸資研の研究活動に関心をお持ちいただくとともに,研究成果等に触れていただく機会として,公開のアーカイブ研究会を開催しています。
PDF 
サマーアートスクール
→詳細はこちら
本講座は,本学美術学部が長い歴史の中で蓄積してきた芸術教育の知識や技術を多くの皆様に広く提供するため,平成18年度から,夏休み期間に実技・講義など多彩な内容の講座を開設し,本学の教員や非常勤講師,大学院の学生などが直接指導します。地域住民の皆様をはじめ,全国各地からも参加があります。PDF 
日本伝統音楽研究センター
「公開講座」,「でんおん連続講座」,「伝音セミナー」
→詳細はこちら
「公開講座」:日本の伝統的な芸能,その根底にある文化の構造についての研究成果を市民向けに発表する。
「でんおん連続講座」:音源・映像・生の演奏を鑑賞しながら,楽譜等の演奏資料を読み進める。
「伝音セミナー」:貴重な音源を聴きながら解説する入門セミナー。
PDF 

京都府立大学

講座名内容詳細
桜楓講座
→詳細はこちら
例年、春と秋に本学地域連携センターの主催で本学教員の出講によりおこなう公開講座であり、テーマについては時代のニーズを捉え幅広い内容で設定している。PDF 
地域文化セミナー
→詳細はこちら
府内市町村等を会場とし、本学と市町村等が共催でおこなう公開講座であり、テーマについては本学教員の専門分野から選定している。PDF 
リカレント学習講座
京都「和食の文化と科学」
→詳細はこちら
平成26年度から、本学の京都和食文化研究センター主催で、京都「和食の文化と科学」をテーマに、一流の講師陣を招き、連続公開講座をおこなっている。有料。PDF 

福知山公立大学

講座名内容詳細
福知山公立大学公開講座
→詳細はこちら
本学の有する「知」を広く福知山市民に提供し、持続可能な地域社会形成の一助を目的とするもの。本年度は観光系、公共系などテーマを定めて実施。年間全5回実施。PDF 
福知山公立大学地域創生セミナー市民生涯学習の推進とともに、地域に貢献する人材育成を図るため、一般の公開講座よりも専門性を高めた特別講座をセミナー形式で実施。PDF 
井口学長塾「岩波新書シリーズ日本近代史【全10巻】を読む」福知山公立大学の有する「知」を広く福知山市民に提供し、持続可能の地域社会形成の一助
とすることを目的に実施。近現代史について、討論形式で実施。年12回程度実施。
PDF 

池坊短期大学

講座名内容詳細
池坊文化講座「花と・・・」
→詳細はこちら
「いけばな」文化のさらなる進化をはかるため、「花と・・・」をテーマにした池坊文化講座を開講します。各界の第一線でご活躍されている方々をお招きし、花にまつわる講演をしていただくリレー形式の講座です。前期5回、後期5回の計10回の講座を開催します。(受講料は1回1,000円です。)[2015年度実績]PDF 

大谷大学・大谷大学短期大学部

講座名内容詳細
生涯学習講座「開放セミナー」
→詳細はこちら
本学で行う生涯学習講座のうち、「開放セミナー」は本学の研究領域の専門性を重視し、より深化させながら体系的に学んでいく3~6回程度の講義形式で開講しています。より学びを深めるため、複数年かけて連続する講座も開設しています。PDF 
生涯学習講座「紫明講座」
→詳細はこちら
本学で行う生涯学習講座のうち、「紫明講座」は本学の研究領域を分かりやすく学ぶ入門編として、3回程度の講義形式で開講しています。受講者の興味関心を尊重して幅広いテーマを設定し、講座によりフィールドワークや実技も行います。PDF 
「暁天講座」
→詳細はこちら
大谷大学の暁天講座は、毎年、本学で開講される真宗大谷派(東本願寺)の学事行事である「安居(あんご)」の講師および本学教員によって開講しています。

1.開講期間:安居期間中の3日間
       早朝6:30~7:30に開講

2.聴講料等:無料

3.備  考:講座後には学内食堂において朝粥の
       接待があります。
PDF 

京都外国語大学・京都外国語短期大学

講座名内容詳細
教養講座「京フィル新春コンサート」音楽団体(京都フィルハーモニー室内合奏団)による新春コンサートを年1回、1月に開催
参加無料、予約不要
会場:学校法人京都外国語大学 森田記念講堂
PDF 
①ラテンアメリカ教養講座
②ラテンアメリカ研究講座
→詳細はこちら
①例年5月から6月にかけて複数回開講する連続講座です。ラテンアメリカに関する専門知識がない一般の方が対象です。
②年に一度、概ね秋期に開講します。内容は学術的で講演やディスカッションが外国語でおこなわれる場合もあるため研究者向けですが、一般の方もご参加いただけます。
PDF 
国際文化資料館公開講座(年2回)
国際文化資料館研究講座(年1回)
→詳細はこちら
展覧会や中南米等の歴史や文化に関連した講座を開催しています。PDF 

京都学園大学

講座名内容詳細
特産物を考える会との共催講演会
→詳細はこちら
毎年、地域の特産物を考える会との共催で、バイオ環境学部の教員らを交え、12月と2月頃に、地元農家の方々を対象に講演会を実施している。2016年12月は、農業・食品産業技術総合研究機構の河合章氏による講演で、農薬・天敵利用による害虫駆除にかかわる研究や、農薬至上主義からの脱却などの内容であった。PDF 
新柳居市民講座
→詳細はこちら
毎年、中京区の京町家において、地域住民を対象に公開講座を実施している。祇園祭に関する内容や、みつばち市民講座を始めとし、各学部の研究材料を市民に公開する意味で15回/年程度の公開講座を実施している。今年は和の花と生き物文化Ⅱ、京都で油を語る、京の知と語るなど、特別な催しも開催した。PDF 

京都華頂大学・華頂短期大学

講座名内容詳細
華頂公開講座
→詳細はこちら
建学の精神に基づいた特色ある本学の教育・研究の成果を地域社会へ開放し、生涯学習としての機会を提供しています。平成29年度は第9回目となり、一昨年より引続き「華頂誌界隈史談」をテーマとし、本学周辺の地誌に関する歴史的、文化的、地理的、社会的考察を行う全6回の講座を開催いたします。PDF 

京都光華女子大学・京都光華女子大学短期大学部

講座名内容詳細
京都光華公開講座
→詳細はこちら
本学の教員を中心に、日頃の研究成果を市民一般に広く公開し、大学の知的財産を社会に還元することを理念とした公開講座(無料)を夏期と秋期に実施しており、さまざまな分野・テーマの講座を提供している。PDF 
京都光華まちづくり講座
→詳細はこちら
外部団体とも連携し、まちづくりに貢献する地域連携型講座(無料)を実施している。PDF 

嵯峨美術大学・嵯峨美術短期大学

講座名内容詳細
連続公開講座「京の美意識」
→詳細はこちら
都として約1200年に亘る歴史の時を刻んできた京都の街や生活には、独特の知恵や美意識が存在し、一方で近年の科学技術の発展は社会に急速な情報化や国際化をもたらし、その激しい波に巻き込まれています。今一度、京都に永く伝わる知恵や美意識に関する鑑賞や体験を通して、生活を見直す一助となることを願っています。PDF 

京都産業大学

講座名内容詳細
生涯学習「むすびわざ講座」
→詳細はこちら
京都産業大学の「知」の公開として、文化・歴史・社会・科学など文系・理系の幅広いテーマで学べる「むすびわざ講座」を開講しています。馬術・ジョギングなどのスポーツコースや留学生との異文化交流コースなどもあり、どなたでもご参加いただけます。詳細については京都産業大学ホームページに掲載します。PDF 

京都女子大学

講座名内容詳細
学部学科主催による公開講座
→詳細はこちら
各学部学科の学問領域や附属施設(研究所)の研究領域にもとづいた講座や学外のゲストスピーカーを招いた学術的な公開講座を本学で実施している。PDF 
地域連携研究センター主催のミニ講義
→詳細はこちら
学内の教員による教養的な公開講座(60分~90分程度)を本学で実施している。PDF 
ニューイヤーコンサート
→詳細はこちら
毎年1月に外部のコンサートホールにて、主に京都市民を対象とした本学教員の出演によるニューイヤーコンサートを開催している。PDF 

京都精華大学

講座名内容詳細
文化・芸術教養講座
→詳細はこちら
学生と共に半年間授業を受け、正規科目で文化と芸術をしっかりと学ぶ機会を提供します。京都精華大学が擁する5学部(芸術・デザイン・マンガ・ポピュラーカルチャー[ファッション、音楽]・人文学[文学、歴史、社会])の専門的な知識を中心にしたコースを開設しています。PDF 
公開講座ガーデン、レクチャーガーデン
→詳細はこちら
キャンパスを学びの空間として開放します。充実した設備でさまざまな分野の専門家から実際に手を動かしながら学べる「ガーデン」、講義形式による専門的な学びの場「レクチャーガーデン」の2種類の講座があります。PDF 
アセンブリーアワー講演会
→詳細はこちら
京都精華大学の開学した1968年から行われている公開トークイベント。あらゆるジャンルから一流のゲストを迎え、時代をつくる「生の声」にふれる機会を提供します。PDF 

京都聖母女学院短期大学

講座名内容詳細
伏見連続講座 第19回 秋の公開講座「伏見学2017」
→詳細はこちら
自然・社会・人文等あらゆる分野から伏見とその周辺地域を考察し、伏見とその周辺の全体像とその特質を体系的に捉えることを目的とした、市民向け講座。PDF 

京都造形芸術大学

講座名内容詳細
日本芸能史
→詳細はこちら
この講座は、舞台芸術研究センターのコーディネートによって、京都造形芸術大学の授業を一般公開するものです。第一線で活躍している専門家を講師にお迎えし、日本で受け継がれてきた多様な伝統芸能を実演を交えながら解説していただきます。PDF 

京都橘大学

講座名内容詳細
看護異文化交流・社会連携推進センター リカレント講座
高めよう実践力!PART4-地域の暮らしを支える看護の実現-(全5回)
→詳細はこちら
近年の医療においては、地域の包括的な支援・サービス提供体制(地域包括ケアシステム)の構築を推進しています。そのため、人がその生を受けてから全うするまで様々な場所で健康や生活を支援する役割を担う看護には、社会からのより一層の期待が寄せられています。
そこで、今回のリカレント講座では、病気を持つ人々のその人らしい療養や生活を地域においてどのようにサポートできるのか、生活する人の目線に立った看護について考える機会として頂きたいと考えています。
PDF 
現代ビジネス学部経営デザインフォーラム
情報ビジネスの新たな展開とくらしの変容
→詳細はこちら
FinTech、IoT、VR(仮想現実)、AR、AIなど、情報分野において次々に技術革新が起き、それが人々のくらしやビジネスにも大きな影響を与えようとしています。本講座では、新しい情報技術群の意味と影響について解き明かしてゆきます。日頃、これらのキーワードに触れながらも、私たちの生活やビジネスにどんな影響があるのか、まとめて考える機会が少ない中、情報技術の将来についてまとまった知識、見識を学ぶことができる貴重な場となることでしょう。PDF 
文学部歴史文化ゼミナール2017
京都・人とモノの再発見(全5回)
→詳細はこちら
京都橘大学文学部の教員を主体とする連続講座です。京都に関わる歴史上の人物や文化遺産、歴史上の事件などを材料に、歴史的遺産の宝庫である京都の魅力を探る話題や見方を提供します。5回の連続講座ですが、うち1回は歴史遺産の場を探訪します。
歴史遺産の現場としては、仁和寺のご協力をいただきました。第2回以降は、平安貴族の日記、『源氏物語』と『枕草子』、桃山文化の寺社建築、幕末の文人たちなどを題材にして、本学文学部の教員が京都の歴史の一端を語ります。
PDF 

京都ノートルダム女子大学

講座名内容詳細
カトリック教育センター
土曜公開講座
→詳細はこちら
京都ノートルダム女子大学では、次世代にとって重要な諸問題に、教育・研究を通して取り組んでいます。公開講座では、その取り組みについて皆さまとともに考え、議論し、未来に向けた新しいアプローチを模索したいと思っています。PDF 

京都文教大学

講座名内容詳細
宇治茶文化講座宇治茶の世界文化遺産登録に向けて、宇治茶の魅力と価値を学ぶ「宇治茶文化講座」を開催しています(全6回、京都府と共催)。①茶の生産者と歴史学者による講座、②「美味しい宇治茶の淹れ方体験」の座学と体験を通じて、宇治茶の多様性にふれ、宇治茶通になれる講座です。お茶の淹れ方体験は本学学生がサポートします。PDF 

京都文教短期大学

講座名内容詳細
京都文教教養講座
→詳細はこちら
京都文教短期大学の建学の理念でもある「共生(ともいき)」をテーマに、様々な視点や学問分野から、皆さんとともに「共生」について考える講座です。京都文教大学の総合社会学部・臨床心理学部と京都文教短期大学の幼児教育学科・食物栄養学科・ライフデザイン学科が各学部・学科の専門性をいかした講座を実施しています。PDF 
あおい講座
→詳細はこちら
京都文教短期大学同窓会「あおい会」の共催により、社会で活躍する本学卒業生を講師に招き、講座を実施しています。
講座内容は「やさしいヨガ」「食育講座」「ソフト粘土でつくる工作教室」「陶芸教室」など。
PDF 

京都薬科大学

講座名内容詳細
公開講座
→詳細はこちら
本学の教育研究の成果を地域社会に公開し、本事業を通じて地域住民と交流を図っている。PDF 

種智院大学

講座名内容詳細
公開講座
→詳細はこちら
本学では、設置学科の仏教または社会福祉に関する内容で、公開講座を開催しています。その他、本学客員教授陣による「特別公開講座」を開催しています。平成27年度は作家である井沢元彦客員教授による「日本史の新しい見かた」。真言宗伝統教学の第一人者である福田亮成客員教授による「『三教指帰』の序文をめぐって」等と題し開催いたしました。詳しくは本学ホームページでご案内いたしますのでご覧ください。PDF 

成安造形大学

講座名内容詳細
成安造形大学附属近江学研究所主催
連続講座「近江のかたちを明日につなぐ」
→詳細はこちら
近江(滋賀県)地域の素材と向き合いながら、それぞれの活動や表現を通して独自のかたちと技を求めつづける方々による講演、または対談。PDF 
近江学フォーラム会員限定講座
→詳細はこちら
滋賀県(近江)の持つ豊かな自然と歴史・文化に対し、興味・関心のあるフォーラム会員向けに毎年度テーマを設けて行う講座。2016年度のテーマは「近江の山 信仰とくらし」。PDF 
公開講座
(成安造形大学附属芸術文化研究所主催)
→詳細はこちら
大学の理念「芸術による社会への貢献」をもとに、本学教員の教育・研究の成果を社会に開放し、広く社会への研究成果と地域社会・一般市民の多様化する学習ニーズに対応するために実技講座を含め様々なテーマで開催。PDF 

同志社大学

講座名内容詳細
キリスト教文化センターオープン・プログラム
→詳細はこちら
京田辺・今出川の両キャンパスで、広くキリスト教文化と関連する人権・心理・音楽の講座や、実技習得の手話、点訳などの講座を設けています。各専門分野の講師陣による自由で明るい雰囲気の講座として親しまれており、他大学生、一般の方々にも公開しています。PDF 
京たなべ・同志社ヒューマンカレッジ
→詳細はこちら
本学では、「住民の生涯学習を推進し、豊かな自己の実現と生き生きした文化的な地域社会の創造をめざす」ことを目的として、同志社大学と京田辺市、京田辺市教育委員会の三者が主催する市民向け公開講座「京たなべ・同志社ヒューマンカレッジ」を開講しています。大学教員の研究成果を社会に還元するため、幅広い内容の講座を提供しています。PDF 

同志社女子大学

講座名内容詳細
町家で学ぶ京都の歴史と文化
→詳細はこちら
京町家を会場に、京都の歴史や文化に造詣の深い専門家を講師に招き、1期4回のリレー講座を2004年度より行っています。町家の生活に触れ、講演後、京菓子を食べながら懇談する機会も設けています。「学まち連携大学」促進事業にも「京町家を中核とした未来の京都まちづくりプログラム」として採択されています。PDF 
同志社女子大学今出川講座
→詳細はこちら
同志社女子大学今出川キャンパスを会場に、専任教員が中心に講師を務め、本学の教育・研究の成果を広く社会に向けて発信する公開講座です。2008年にスタートし、テーマは毎年異なりますが、「健康」や「文学」など親しみやすい内容を取り上げ、生涯学習社会に寄与することを目的としています。PDF 
学芸学部音楽学科オペラクラス公演「フィガロの結婚」
→詳細はこちら
同志社女子大学音楽学科演奏専攻声楽コースの学生による公演で、今年で30回目を迎えました。キャスト出演は勿論のこと、専門家の協力のもと、演出や衣装、大道具に至るまで学生主体で作り上げる公演で、オペラ愛好家の方だけでなく、学生や地域の方々にも多数お越しいただいています。PDF 

花園大学

講座名内容詳細
「禅とこころ」
→詳細はこちら
「建学の精神」である禅仏教による人格の陶冶を具現化するこの講座は、「知識としての禅」から「感じとる禅」へをテーマとし、「自分だけにしかないいのちを生きる」を目標としています。般若心経の読経、教堂の祈りに始まり、いす坐禅を行ってから、各講師による法話・講義を行います。前期「禅とこころⅠ」15回、後期「禅とこころⅡ」15回、計30回コースです。総長による講座は禅堂で行ない、実際に坐禅を行います。PDF 
京都学講座
→詳細はこちら
「京都」をめぐる人・文化・政治など様々な視点から学ぶ3日間の講座。京都学講座は、「京都」に関する様々な視点からオムニバス式に一日二部構成、毎年テーマを変え、基本的には8月1日から8月3日まで3日間で計6回の講義を開催しています。PDF 
心理カウンセリングセンター公開講演会
→詳細はこちら
心理カウンセリングセンターによる年に一度の公開講演会。社会福祉学部臨床心理学科の教員を中心に、毎年テーマを変え、一年に一度開催しています。PDF 

佛教大学

講座名内容詳細
佛教大学四条センター公開講座
→詳細はこちら
佛教大学四条センターは、建学の精神に則り、1984年に大学の教育・研究の成果を社会に広く開放し、地域社会との結びつきを深めることを目的に四条烏丸に設置・開設されました。「現代社会を生きる」「仏教を極める」「教養を深める」「つどうふれあう」等の講座群があり、春、夏、秋、冬の4期にわたり月~土曜、年間200余りの講座を開講しています。年間延べ3万7千人が受講されています。PDF 

立命館大学

講座名内容詳細
立命館土曜講座
→詳細はこちら
立命館土曜講座は、当時の学長であった故末川博名誉総長が、「学問や科学は国民大衆の利益や人権を守るためにあること、学問を通して人間をつくるのが大学であり、大衆とともに歩く、大衆とともに考える、大衆とともに学ぶことが重要」であると提唱し、大学の講義を市民に広く開放し、大学と地域社会との結びつきを強めることを目ざして設けられました。ほぼ毎週土曜日に開講され3200回超の開催を数えます。PDF 
明日の京都 文化遺産プラットフォーム
公開シンポジウム フォーラム
→詳細はこちら
明日の京都 文化遺産プラットフォームは、京都に在る有形・無形の文化遺産を毀損することなく後世に継承することを目的とし、文化遺産の所有者、伝統文化・伝統芸能の継承者、研究者、行政、地域コミュニティが連携して活動する場(プラットフォーム)を提供する団体です。年に数回のシンポジウム、フォーラムを開催し、市民のみなさまと有識者をつなぎ考える場を提供しています。PDF 
京都歴史回廊協議会
「京都学セミナー」
→詳細はこちら
京都歴史回廊協議会は、京都市北西部エリアの一般市民・寺社・芸術家・商店主・大学が参加し、2004年に設立されました。地域の活性化やまちづくりを担う人材育成のほか、多様な文化事業を産・官・学・地が連携しながら展開しています。京都学セミナーは加盟大学との共催での歴史・文化・芸術等をテーマとしたアカデミック講座です。PDF 

龍谷大学・龍谷大学短期大学部

講座名内容詳細
RECコミュニティカレッジ
→詳細はこちら
大学の教育・研究成果を社会に活かす社会還元の一環として1992年9月から広く市民の方を対象に生涯学習講座(有料)を開講。仏教・こころ、文化・歴史から外国語まで様々な分野で年間400講座を開講し、延べ10,000人を超える方に受講いただいている。PDF 
龍谷ジュニアキャンパス
→詳細はこちら
小学生に“学ぶこと、体を動かすことの楽しさ、面白さ”を実感体験してもらうことを目的として、本学の教員や学生サークル等が講師となり、スポーツ系から文化・芸術、自然・環境系まで30近い講座を開講。年間延べ約1,000人の方に受講いただいている。PDF 
龍谷講座現代社会の要請に応え、本学における研究の成果を地域社会に還元し、大学の社会的使命の一端を果たすことを目的として、1977年から無料の講座を開講。現代社会が抱える問題など、本学の学部の特色を生かしたテーマを中心に年間6講座程度を開講している。PDF 

大阪医科大学

講座名内容詳細
市民公開講座
→詳細はこちら
話題となっている医療に関する情報や身近な病気を取り上げた講座を開催。講座の開催に合わせ、お薬相談や看護相談も実施。PDF 

京都情報大学院大学

講座名内容詳細
「音楽とテクノロジー」「月例 プログラミング講座」 など
→詳細はこちら
あらゆるビジネスシーンに必要不可欠なITに関わる公開講座を、年間を通じて行っています。本学授業の一部を公開するものや初心者のための体験講座などを設けています。「月例 プログラミング講座」は、初心者向けまたは中級者向けの講座を毎月開催。興味のある月に参加できます。PDF 

事業内容について

PAGE TOP