ホーム » 事業内容について » 関連事業 » 「大学のまち京都・学生のまち京都アプリ」(仮称)開発プロジェクト

「大学のまち京都・学生のまち京都アプリ」(仮称)開発プロジェクト

「大学のまち京都・学生のまち京都アプリ」(仮称)は、京都でしか味わえない学生生活を実現する様々な取組や学生向けの各種情報を、学生の皆さんに着実に届けることを目的に、ジョルダン株式会社の技術協力の下、学生開発プロジェクトメンバーと「京都ならではの学び・魅力向上」協議会(京都市と大学コンソーシアム京都等で構成)が共同で開発するものです。

学生プロジェクトメンバー募集 ―終了しました

ミッション:学生による学生のためのアプリを提案!「大学のまち京都・学生のまち京都アプリ」機能を提案せよ!

本プロジェクトでは、 開発したアプリをより多くの学生に利用して頂くために、学生の視点でアプリ機能を提案するプロジェクトです。大学生のためのアプリを考えるメンバーが2チームに分かれて、京都で学び、暮らす学生ならではのアプリ提案を作り上げます。

募集詳細はこちら(終了)

http://glocalcenter.jp/recruit_project/201905244278.html

活動記録

学生プロジェクトメンバー キックオフミーティング

2019年7月10日、アプリの学生開発プロジェクトメンバーによるキックオフミーティングが開催されました。
開発にあたり、学生ならではの視点やアイデアを盛り込んでもらうため、学生プロジェクトメンバーを公募しました。今後、12名の学生が2つのチームに分かれてアプリの機能やデザイン、PR方法等について協議していきます。
この日は初顔合わせとなるキックオフミーティングを行いました。「自分のアイデアを生かして何かを生み出してみたい」「ほかの大学の学生と一緒に何かをするのが楽しそうだった」など、参加の動機は様々ですが、学部や学年も多様なメンバーがお互いの力を合わせてプロジェクトを進めていくことになります。
アプリは2019年度末にリリースの予定です。

ミーティングのようす
ミーティングのようす
ミーティングのようす
ミーティングのようす

学生プロジェクトメンバー ジョルダン株式会社との打合せ

8月6日、340名の学生から回収したアンケートの回答をもとに、技術協力企業であるジョルダン株式会社のスタッフの方々も交えたブレインストーミングを行いました。

ジョルダンから、最近のアプリの傾向(どんな機能やデザイン、操作性が主流かなど)に関する説明を受け、新規アプリのカレンダー機能や、My Pageの使い勝手をいかに良くし、どれだけ情報を充実させられるか?京都らしいデザインにするには?アプリの名称やアイコンは?キャラクターを使う??などなど、活発な意見が飛び交いました。

夏休み期間中の8月~9月は毎週、終日のミーティングが開かれ、学生メンバーの提案を固めていくことになります。
本日のミーティング終了後も、個別に学生同士で集まったり、Slack等のアプリを活用し、メンバー同士の議論は続きます。

打合せのようす
打合せのようす
打合せのようす

事業内容について

PAGE TOP