ホーム » 【加盟校対象】2016年度「京都世界遺産PBL科目」開設申請受付中

【加盟校対象】2016年度「京都世界遺産PBL科目」開設申請受付中

大学コンソーシアム京都では、明日の京都 文化遺産プラットフォームと連携して、京都の世界文化遺産をフィールドにPBLを展開する「京都世界遺産PBL科目」を、2015年度より単位互換科目として開設しています。
文化的、歴史的意義のある京都の世界遺産を舞台に、単位互換制度によって大学の枠を超えて学生が集まり、ともにPBLで学ぶことができるのが、本科目の大きな特徴です。大学のまち「京都」、歴史のあるまち「京都」。京都だからこそできる学びがこの科目に凝縮されています。
2015年度は京都の世界遺産6社寺城と6大学の提携により7科目を開講しており、11大学から約80名の学生が受講しています。
※PBL:PBL(Project Based Learning)とは課題発見・解決型学習のことです。 主にグループでの学習を通じて、自ら課題を発見し、解決策を提案します。 その過程を通じて様々な能力を養成し、予測困難な時代に活躍できる人材の育成を目指します。

現在、2016年度の「京都世界遺産PBL科目」の開設申請を現在受け付けております。
大学コンソーシアム京都加盟校に所属されている教員の方で、世界遺産やPBL科目にご興味をお持ちの先生は、各大学の単位互換担当者(教務課、学務課等)、もしくは大学コンソーシアム京都の単位互換担当までお問い合わせください。

科目開設について

科目開設に当たっては、所属大学の単位互換担当部署を通じて、「『京都世界遺産PBL科目』新規開設申請書」をご提出ください。
「京都世界遺産PBL科目」新規開設申請書はこちら

補助制度について

大学コンソーシアム京都では、京都世界遺産PBL科目の開設・運営に対し、以下のような補助制度を用意しております。
・科目開設時の提携先世界遺産とのマッチング
・科目運営にかかる費用(ゲスト講師への謝金、TAの給与等)に対する補助金(10万円)
・フィールドワークやワークショップなどの授業での各種活動に係る経費に対する補助金(最大7万円)
・専門の外部講師によるインタビューやプレゼンテーションに関するトレーニング(講義)の提供
・活動内容や学習成果の発信

応募締切日

2015年10月15日(木)
※事前に提携先世界遺産との調整が必要となりますので、お早めにご相談ください。

今年度の取り組み状況について

今年度開講している京都世界遺産PBL科目のシラバスや各科目の授業レポート、を以下の通り公開しております。
今年度開講科目の授業内容や学生たちの活動状況をぜひともご確認ください。
京都世界遺産PBL科目特設サイト
2015年度京都世界遺産PBL科目授業レポート

お問い合わせ先

公益財団法人 大学コンソーシアム京都 単位互換事業 担当
TEL 075-353-9120 FAX 075-353-9121
〒600-8216 京都市下京区西洞院通塩小路下るキャンパスプラザ京都内
※窓口受付時間:火~土曜9:00~17:00(年末年始を除く)

 
PAGE TOP