ホーム » お知らせ » 第19回京都学生祭典について

第19回京都学生祭典について

 京都学生祭典とは、2003年から毎年10月に平安神宮前・岡崎プロムナード一帯にて繰り広げられ、来場者数が10万人を超える一大イベントです。人口の一割を学生が占める学生のまち・京都で学ぶ大学生だからできる、学生プロデュースのお祭りです。

 2020年11月25日には新たに第19回京都学生祭典実行委員会が発足し、第19回京都学生祭典本祭テーマも決定しました。学生のまち・京都だからこそできるお祭りの形を追求し、京都を盛り上げていきたいと思っています。

第19回京都学生祭典テーマ

 

 

テーマについて

 京都は古くから続く伝統を守ってきた地域です。しかし、新型コロナウイルス感染症拡大の影響を受け、新しい生活様式を求められるなど、時代の変わり目に私たちは立っています。本祭を通してこれまで受け継がれてきた文化と新たな日常からうまれる文化を繋ぎたい。そして文化にふれてもらうことであらゆる京文化を未来へ守り繋げたいという思いを込めています。

キーワード

「地域共創」

 様々な学生団体やご縁をいただいた地域の皆様と共に、あらゆる京文化にふれる体験を通して京都を盛り上げていきたいと思います。

第19回京都学生祭典本祭

日 程 2021年10月10日(日) 11:00-19:00
オフラインとオンラインのハイブリット開催
(予定)
主 催 京都学生祭典実行委員会
共 催 京都学生祭典組織委員会(京都府/京都市/京都商工会議所/一般社団法人京都経済同友会/公益財団法人 大学コンソーシアム京都

企画概要

 第19回京都学生祭典本祭では、京都学生祭典が今後も京都だけでなく全国の人々に愛されるお祭りであり続けるために、Withコロナ時代に合ったお祭りを考えています。新型コロナウイルス感染症拡大防止の為、オンラインとオフラインを融合させた、ハイブリッド形式にて実施予定です。オンラインとオフラインの良いところを活かし、全国どこにいても参加でき、感動を得ることができる新しい本祭を目指しています。

メインビジュアル

 第19回京都学生祭典のメインビジュアルを1月から3月下旬まで募集しました。募集の結果、立命館大学3回生の吉田愛さんの作品に決定しました。こちらのメインビジュアルが様々な広報物に使用されます。

 

PAGE TOP