2012年度


開催概要

第10回コンセプト

kif_2012_1-1

kif_2012_2

記念すべき10周年を迎える第10回京都学生祭典は、これまでの10年間の集大成の年であると同時に、次の未来を見据えた新たな始まりの年にしたいと考えています。

第10回京都学生祭典では、今まで以上に年間を通して様々な活動に取り組んでいくことで、京都学生祭典全体を充実させていきます。
その中で祭典に携わる多くの人々とより密度の濃い関係を構築していき、それぞれの想いを1本の“共感”という「糸」として紡ぎ、共に1つになって創りあげていきます!そしてその「糸」を、これからの京都学生祭典に繋がるように太く丈夫に架けていきます。

第10回京都学生祭典 本祭

日程 2012年10月7日(日)11:00~21:00
会場 平安神宮・岡崎公園一帯
主催 京都学生祭典実行委員会
共催 京都学生祭典組織委員会(京都府/京都市/京都商工会議所/一般社団法人京都経済同友会/公益財団法人 大学コンソーシアム京都)
特別協力 イオンモール株式会社/京都駅ビル開発株式会社/ゼスト御池地下街/平安神宮/龍谷大学アバンティ響都ホール
協賛
特別パートナー協賛 ローム株式会社
パートナー協賛 株式会社 長栄
KYO-SENSEサポーター協賛 株式会社GSユアサ
協賛:イオンモール㈱/㈱キャリアパワー/京都駅ビル開発㈱/佐川急便㈱/学生マンションのUniLife (株)ジェイ・エス・ビー/親友会グループ/ニチコン㈱/㈱ 堀場製作所/関西みそPR委員会/京セラ㈱/㈱京都銀行/京都中央信用金庫/㈱ 島津製作所/㈱ 聖護院八ッ橋総本店/ゼスト御池地下街/大学生協京都事業連合/宝酒造㈱/タキイ種苗㈱/日東薬品工業㈱/㈱パールトーン/㈱村田製作所/㈱ワコール/㈱アイ・コミュニケーション/㈱アイビーインターナショナル/㈱ あおぞら印刷/安藤不動産㈱/一般財団法人 京都工場保健会/いろは出版㈱/インターネット写真サービス『memoridge』/  ㈱エスアンドエス・プラス/㈱エフディスタッフ/㈱エルハウジング/  ㈱おいかぜ/㈱岡田商会/オムロン㈱/㈱オンザウェイ/㈱カワタキコーポレーション/企画デザイン工房 BANUP/㈱貴久樹/㈱響映/㈱京都駅観光デパート/京都信用金庫/京都ステーションセンター㈱/京都青果合同㈱/京都電子工業㈱/京料理 萬重/キョーワファシリティーズ㈱/近建ビル管理㈱/㈱ くらま辻井/藏屋はしもと/月桂冠㈱/㈱元気な事務所/㈱公益社/向塾/㈱ 鼓月/㈱サギタリウス企画/サンケイデザイン㈱/Jデザインワークショップ/シライ電子工業㈱/スター㈱/㈱ゼネック/㈱双林印刷社/㈱大長コーポレーション/大和電設工業㈱/TAKAMI BRIDAL/㈱ディー・エー・シー/東京海上日動火災保険㈱/㈱ 同志社エンタープライズ/東芝エレベータ㈱ 京都支店/有限会社ドット/㈱ナベル/日本教育旅行㈱/日本新薬㈱/㈱ 長谷本社/㈱花工房/㈱ビーイング/㈱平新/㈱ファルコSDホールディングス/㈱福寿園/㈱フクナガ/FLOWER-BOX/ブランブリュン/㈱ブルーラグーン/㈱ボーネルンド BORNELUND INC/㈱ 堀場エステック/㈱ 増田組/㈱ 丸久小山園/丸近證券㈱/三嶋亭/三井住友カード㈱/㈱めんテックいきいきうどん 烏丸御池店/㈱モリタ/ヤマト運輸㈱ 京都支店/㈱ユーシン精機/吉忠㈱/理研科学工業㈱/旅館こうろ/六和証券㈱/ワタベウェディング㈱
物品協賛:今西製菓㈱/小川珈琲㈱/㈱サギタリウス企画
協力
「京炎 そでふれ!」衣装 ワタベウェディング㈱
撮影 インターネット写真サービス『memoridge』
「京炎 そでふれ!」パールトーン加工 ㈱パールトーン

実施企画

第10回京都学生祭典 本祭企画一覧【詳細はこちらから】

本祭当日【2012年10月7日(日)11:00~21:00】

平安神宮・岡崎公園一帯
実施企画名 時間 会場
Opening 12:30~13:00 神宮道
京炎 そでふれ!
全国おどりコンテスト
13:00~17:30 神宮道
縁日 11:00~17:30 岡崎グラウンド園路
げんきっずスタジアム2012 11:00~17:30 岡崎グラウンド
そでふれ the world
~きて・みて・ふれて 京炎 そでふれ!~
11:00~17:30 岡崎グラウンド
京の灯園 17:30~21:00 岡崎都市公園
Grand Finale 18:20~20:20 平安神宮境内特設ステージ

本祭以外の活動

年間継続活動

京園 まくなし!・恋しよ、京都 -京都学生祭典-

今年度初の試みとなった継続活動「京園 まくなし!」は、「1年を通じて幕が下りない(=まくなし)、つながりの庭(=京園)を京都に創りたい」との想いのもと始まった取組みです。京都の様々な商業施設で毎月イベントを開催し、企画立案から運営までを毎回異なる実行委員が担当し、10月の本祭に向けた経験・ステップアップの場となったほか、来場者の皆さまに対し、継続的な活動でありながら常に新鮮さを生み出しました。

kif_2012_3

第10回京都学生祭典 年間継続活動 開催一覧 【詳細はこちらから】

オリジナル創作おどり「京炎 そでふれ!」の普及活動

京都の新たな文化の発信として、全世代が一緒に楽しめ繋がっていく京都学生祭典オリジナル創作おどり「京炎 そでふれ!」が誕生して8年。おどり手数も900名を超え、おどりの普及を目的としたおどり披露や出前教室の回数も年間569回と増え続けてきています。(昨年度比)昨年からは新たな取り組みとして、地域の方々との繋がりが生まれるような場の創出を目指したおどり教室をスタートさせ、今年はさらに多くの方々に知ってもらうべく、見ても体験しても楽しんでいただける「京炎 そでふれ!」を発信していきます。

kif_2012_4

KYO-SENSEプロジェクト

京都に通ずる伝統文化に学びつつ、身近な生活から環境を見直し新しいライフスタイルを提案する京都学生祭典発の取り組みである「KYO-SENSE」プロジェクトを、今年も継続して取り組んでいきます。京都で学ぶ学生の感性を活かしつつ、年間をとおしてエコを発信していきます。

kif_2012_5

地域交流活動

地域の安全を守る夜間パトロール(月2回)京都岡崎・安寧地域
地域の美化を目指したクリーンアップ活動(月2回程度)京都岡崎・安寧・梅逕・三条地域
地域の環境問題に取り組む打ち水活動(夏季)京都岡崎・梅逕・三条地域
地域の祭りへの参加(夏季)京都岡崎・安寧・梅逕・三条地域

学生支援

学生の成長プログラム

本事業は、実行委員が営業部や広報部、総務部等のチームに分かれ、行政、企業、地域の方と連携しながら、祭典の成功に向けて活動していきます。そういった人との関わり・実践的な体験こそが、「社会人基礎力」や「就業力」といった社会で生き抜くために必要な能力を修得する事にもつながると考えます。また、大学のまち京都をリードする学生の育成に向け、本事業を一種のプロジェクトに見立て、リーダー養成プログラムとして位置付け、学生を日々支援していきます。

<共催団体による人材育成支援>
・京都学生祭典マネジメント塾の開講(京都経済同友会)
・講義・研修の実施(大学コンソーシアム京都)
<社会人基礎力・就業力評価システム>
・自己目標の設定(実行委員会入会時)
・振り返り会

京都学生祭典マネジメント塾

誕生から10年という節目を迎え、これまでの経過を振り返ると共に、本事業のミッションを今一度確認し、その意識統一が今後の更なる発展・飛躍となることを期待して京都経済同友会、大学コンソーシアム京都、京都学生祭典実行委員会、京都学生祭典同窓会の共催で開講されました。

kif_2012_6
kif_2012_7

田辺親男代表幹事を迎えての第1回(2月25日)から、長谷代表幹事による第7回(4月21日)までと、第1回に先立って行ったオリエンテーションおよび愛媛大学教授・秦敬治氏による特別講義(第8回)「もしドラ(もしドラッカーが「京都学生祭典」を指導したら)」を加え、計9回開講しました。受講者は毎回35~40人、延べ約300人でした。毎回、原則として2人の講師にご講話いただき、それをもとに受講生同士が話し合い、講師に投げかける、というスタイル(ワークショップ)をとりました。

受講者は異口同音に「学生祭典のミッションは何かを深く考えるようになった。また日頃はお会いできない経済人からお話しをお聴きできるとともに、皆さんが大きな期待をして下さっていることが実感できた」と感想を述べていました。

京都学生祭典マネジメント塾 開催プログラム 【詳細はこちらから】

振り返り会(成果発信)

2012年10月12日(日)キャンパスプラザ京都
講 師:森 正美氏(京都文教大学 総合社会学部 教授)
学生たちはメンバーと協力し、チーム内の問題を解決しながら、結果を出そうと実行委員として活動をしています。それをやりっ放しにせずに、思い起こすことによって学びや気づきの定着、応用を促します。今回は学生祭典の活動を通して得ることのできた“学び”や“気づき”はいったい何であったのかを言語化するべく、チームや個人の目標の達成に向けてとった行動を振り返るワークショップをおこないました。

実施報告

本祭の企画では10周年企画である「京の灯園」を実施し夜の岡崎都市公園を鮮やかに彩り、第10回京都学生祭典記念楽曲として第1回「Kyoto Student Music Award」優勝バンドの「Chicago Poodle」による「ありふれた今日の特別な日」を制作し、平安神宮の境内でも心地よい音楽が奏でられました。

kif_2012_8
kif_2012_9

会場にお越しくださいました皆様、並びに、本祭開催にあたり多方面にてご支援くださいました関係各所の皆様に深く御礼申し上げ、開催のご報告とさせていただきます。

第10回京都学生祭典 実施報告【詳細はこちらから】

実績など

来場者数

京園まくなし!
2012年4月1日(日)、4月15日(日)、5月13日(日)、6月10日(日)、6月24日(日)、7月15日(日)、9月2日(日)、10月20日(土)、11月11日(日)
京都御池地下街(ZEST御池)、梅小路公園ほか
2,500人
京園まくなし!スペシャル 2012年5月3日(木・祝) イオンモールKYOTO 4,200人
恋しよ、京都 ―京都学生祭典―
2012年9月17日(月・祝)京都駅ビル・龍谷大学アバンティ響都
18,000人
本祭 2012年10月7日(日)平安神宮・岡崎公園一帯 180,000人

学生スタッフ数

実行委員数(※短期ボランティアスタッフ・学生MC含む) 43大学4大学院1専修学校 601名
おどり手数 18大学1短期大学1専修学校 943名

お問い合わせ先

公益財団法人 大学コンソーシアム京都 京都学生祭典 担当
TEL 075-353-9189 FAX 075-353-9101
〒600-8216 京都市下京区西洞院通塩小路下るキャンパスプラザ京都内
※営業時間:火~土曜9:00~17:00(年末年始を除く)

事業内容について

PAGE TOP