ホーム » お知らせ » 「まん延防止等重点措置」に伴うキャンパスプラザ京都の夜間閉鎖について(4/12更新)

「まん延防止等重点措置」に伴うキャンパスプラザ京都の夜間閉鎖について(4/12更新)

京都府より「新型コロナウイルス感染拡大防止のための京都府におけるまん延防止等重点措置」
が発令されたことを踏まえ、キャンパスプラザ京都では
2021年4月12日(月)から2021年5月5日(水)まで、20時以降の貸室利用を停止
いたします。
※4/12(月)はキャンパスプラザ京都が休館日のため、4/13(火)からの対応となります。
なお、夜間区分(18:00~21:30)で設定する貸室については、20時まで利用可能ですが、
夜間区分料金の全額を申し受けます。

当施設内にある「京都市わかもの就職支援センター」及び「放送大学京都学習センター」の利用
につきましては、各施設に御確認ください。


【閉鎖時間帯における利用予約キャンセル時の使用料の還付等について】
1.対象となる条件について
  ⓵「まん延防止等重点措置」期間(4/12~5/5)において、
     
 施設閉鎖時間帯を含む利用区分の利用予約をキャンセルする場合
    ※利用日変更、延期などキャンセルによらない対応ができる場合を除く

  ⓶2021年4月12日(月)時点で当該利用予約が成立している場合
    ※ただし、京都府がまん延防止等重点措置区域指定の要請を発表した
     2021年4月9日(金)~2021年4月11日(日)にキャンセルされた場合を含む
2.上記1の全ての条件を満たす場合の使用料又は利用料金の取扱いについて
  既に公の施設の使用料又は利用料金が納入されている場合は全額還付します。
      また、未納の場合は納入を求めません。
3.キャンセル受付期間について
  まん延防止等重点措置が期間途中で解除された場合、その時点で全額還付を前提
  としたキャンセルの受付を終了します。

  注1「施設閉鎖時間帯を含む利用区分の利用予約」において、
    施設が閉鎖されていない時間帯の利用が行われる場合、還付は行えません。
    (例:「夜間」の利用区分が「18時から21時30分」、かつ20時以降閉鎖する施設
       において、18時から20時までは施設利用が行われる場合。
      (「18時から21時30分」までの利用料金を申し受けます。))
  注2「施設閉鎖時間帯を含む利用区分の利用予約」がキャンセルとなることに伴い、
    他区分の利用予約に関しても当該利用目的が達成できなくなる場合、
    他区分の利用予約についても全額還付します。
    (例:大会開催予定で午前、午後、夜間の区分を通して予約していたが、
       夜間が利用できなくなったことにより大会自体を中止し、午前、午後の利用を
       行わない場合。)

    京都府まん延防止等重点措置
    閉鎖時間帯における利用予約キャンセル対応について


PAGE TOP