ホーム » お知らせ » 施設利用の一部制限付き再開について(5/31更新)

施設利用の一部制限付き再開について(5/31更新)


キャンパスプラザ京都では、京都府、京都市の新型コロナウイルス
感染拡大予防に
係る方針に
沿い、 2021年6月1日(火)から6月20日(日)まで施設利用を下記の
とおり一部制限し開館することになりました。


    施設利用可能時間は、20:00までとなります。
  〇施設利用定員については、規定収容定員数に対して50%が上限となります。
 

夜間区分(18:00~21:30)で設定する貸室については、20:00まで利用可能ですが、

 夜間区分料金の全額を申し受けます。
※当施設内にある「京都市わかもの就職支援センター」、「就職氷河期世代活躍支援コーナー」
 および「放送大学京都学習センター」の利用に
つきましては、各施設に御確認ください。
※受付窓口は21:30まで運営しております。
使用料還付の取扱いは下記の通りです。


【閉鎖時間帯における利用予約キャンセル時の使用料の還付等について】
1.対象となる条件について
  ①再延長された
京都府緊急事態措置期間(6/1〜6/20)において、施設閉鎖時間帯を含む利用
   区分の利用予約をキャンセルする場合
   ※これまでの京都府緊急事態宣言措置期間(4/25~5/31)における利用予約をキャンセル
    する場合と異なり、施設閉鎖時間帯を含む利用予約のみを対象とする
   ※利用日変更、延期などキャンセルによらない対応ができる場合を除く
  ②2021年6月1日(火)時点で当該利用予約が成立している場合
   ※ただし、京都府が緊急事態宣言の再延長を要請した2021年5月26日(水)~5月31日(月)
    にキャンセルされた場合を含む
2.上記1の全ての条件を満たす場合の使用料又は利用料金の取扱いについて
   
既に公の施設の使用料又は利用料金が納入されている場合、全額還付します。
   
また、未納の場合は納入を求めません。
3.キャンセル受付期間について
   
京都府緊急事態措置が期間途中で解除された場合、その時点で全額還付を前提とした
   キャンセルの受付を終了します。
  
注1「施設閉鎖時間帯を含む利用区分の利用予約」において、施設が閉鎖されていない時間帯の
     利用が行われる場合、還付は行えません。
 (
例:「夜間」の利用区分が「18:00から21:30」かつ20:00以降閉鎖する施設において、
     18:00から20:00までは施設利用が行われる場合。
「18:00から21:30」までの利用
     料金を申し受けます。)
  注2「施設閉鎖時間帯を含む利用区分の利用予約」がキャンセルとなることに伴い、他区分の
     利用予約に関しても当該利用目的が達成できなくなる場合
他区分の利用予約についても
     全額還付します。

 (例:大会開催予定で午前、午後、夜間の区分を通して予約していたが、夜間が利用できなくなった
    ことにより大会自体を中止し、午前、午後の利用を
行わない場合。)

     新型コロナウイルス感染症に係る緊急事態措置(延長)について210528
     

PAGE TOP