第24回京都国際学生映画祭プレイベント開催!

24回京都国際学生映画祭プレイベントでは、バリアフリー上映を含めた過去入選8作品の上映、

京都大学の木下千花教授をお招きしたトークショーの開催を予定しています。

今回、本映画祭初となるバリアフリー上映では、過去に出品していただいた作品に対して音声ガイド、

バリアフリー字幕を制作し、より多くの方にお楽しみいただければと考えております。

また、イベント当日には第24回京都国際学生映画祭入選作品、最終審査員の発表を行います!

 

日程:1128日(日)

会場:キャンパスプラザ京都 4階 第4講義室

     オンライン配信あり(期間限定)

     ※最新の情報は公式WEBサイトにてご確認ください。

      京都国際学生映画祭公式WEBサイト
      https://www.kisfvf.com/

  

第23回京都国際学生映画祭プレイベント 本日開催!!

 

本日、プレイベント開催!

 

【京都の街角で、世界の学生映画に出会う。】

JR京都駅にほど近い、キャンパスプラザ京都の正面玄関前にて、世界中から集まった学生監督の制作による
短編映画を上映いたします。

事前登録、参加費は必要ありません。ぜひ、お気軽にお立ち寄りください。

 

日時:2020年11月21日㈯ 17:00~18:45

場所:キャンパスプラザ京都 正面玄関前

参加費:無料

※新型コロナウイルス感染症予防対策のため、体調がすぐれない方は来場をお控えいただくようお願い
 いたします。

※鑑賞いただく際に、3密を避けるため、指定の位置へのご移動をお願いする場合がございます。

※会場にはアルコール消毒液を設置しておりますので、ご自由にお使いください。

 

<プレイベント上映作品一覧>

 

【開催御礼】第21回京都国際学生映画祭 受賞結果を発表!

開催報告

未来の映画界を担う若き才能を発掘する第21回京都国際学生映画祭。11月27日(火)から京都文化博物館フィルムシアターで開催し、12月2日(日)盛況裡に閉幕いたしました。
今年度のコンペティション(実写部門・アニメーション部門)には、33の国と地域から588作品という過去最多の応募があり、学生実行委員が厳選した16作品を上映いたしました。
最終日の12月2日(日)の授賞式には、入選監督と最終審査員の二宮健氏、廣瀨純氏、和田淳氏をゲストとしてお招きし、実写部門とアニメーション部門のグランプリと各最終審査員賞、観客賞を発表いたしました。
授賞式ではグランプリ2作品の上映を行った後、最終審査員から講評を頂き、映画を通じた国際交流や相互理解の場を創出することが出来ました。
受賞作品は以下のとおりです。若手監督の今後のご活躍を祈念いたします。
映画祭が無事、すべてのプログラムを終えましたこと、ご来場いただいた方、またご支援・ご協力いただいた皆様に厚く御礼申し上げます。

<実写部門グランプリ発表> <受賞者・最終審査員によるトークショー>

             
開催プログラム 

  ↓ クリックするとプログラムをご覧いただけます。


 

 


 


作品応募受付結果

たくさんのご応募ありがとうございました!

  国内 海外
2018年度 98 490 588
2017年度 129 356 485
2016年度 167 372 539
2015年度 123 94 217
2014年度 163 187 350
2013年度 212 145 357

 

コンペティション部門結果発表

グランプリ

実写部門グランプリ Grand-Prix for Live-action Film

『Mascarpone』Jonas Riemer
ドイツ/2018 年/14min/Film University Babelsberg KONRAD WOLF

≪あらすじ≫ 夢見がちな映写技師、フランシスは自動車事故に遭ったせいで、無慈悲なギャングとして知られるマスカルポーネと関わることになってしまう。突如としてギャング映画の登場人物となってしまった彼は、飼い犬ファルファーレを人質に取られ、銀行強盗の見張り役になるよう脅される。だが強盗は失敗し、フランシスは愛犬を助け、この機にスター女優ビビアンのハートを射止めようとする。

 

アニメーション部門グランプリ Grand-Prix for Animated Film

『Flower Found! / Bloem?』Jorn Leeuwerink
オランダ/2017 年/6min/HKU University of the Arts Utrecht

≪あらすじ≫ ねずみ君は大変悲しんでいる。森の中にある赤い花が咲いていたのであるが、突然消えたのである。そこで鳥さんはねずみ君を花探しに連れて行った。しばらくして森の動物たちもそこに加わった。そしてついに一行は「花」を見つけるのだが、事態は急速にねずみ君の手に負えなくなっていく。

 

最終審査員賞

King二宮健賞 The Final Judge, Ken Ninomiya Award  

『Overrun』アニメーション部門
Pierre Ropars, Antonin Derory, Diane Thirault, Jérémie Cottard, Matthieu Druaud, Adrien Zumbihl
フランス/2017 年/8min/Supinfocom Rubika

≪あらすじ≫ オーバーラン、それは真っ暗な冷たい世界に迷い込んだ一匹のアリの物語である。見るからに危険で不穏だが、魅力あふれる世界を旅し、脱出しようとするこの一匹のアリをカメラは追う。

King廣瀨純賞 The Final Judge, Jun Hirose Award 

『The Place of Oblivion/ El rincón del mundo a donde va lo que se olvida』
実写部門 Fernanda Tovar
メキシコ/2018 年/18min/Centro de Capacitación Cinematográfica

≪あらすじ≫ アウラ、フアン、エバリストはサンアントニオ・デル・ケレルという古びた村で暮らしている。そこはとうに忘れ去られており、帰ってくる者は誰もいない。少女アウラはこの村を離れて、どこか別の場所で自分の望む人生を探すつもりだ。しかしその前に、父と祖父が忘却に飲み込まれてしまわないよう、彼らを説得して一緒に村を出ようと試みる。

 

King 和田淳賞 The Final Judge, Atsushi Wada Award 

『LIKE A GOOD KID』 実写部門 Arian Vazirdaftari
イラン/2018 年/20min/Tehran University of Dramatic Arts

≪あらすじ≫ 24 歳のサラは、6 歳のマティンの面倒を彼の母が働きに出ている間見ることになっていた。朝、マティンはサラに、前日の晩から続いている彼と母親とのけんかについての話をするのだが、これがきっかけで、その日二人はその後の人生を変える一連の出来事を経験することになる。

観客賞

※観客賞は、本祭開催期間に作品をご覧になったお客様のアンケートを集計し、各部門1作品ずつ選びます。

観客賞  Audience Award

『Little Red Riding Hood / Rotkäppchen』 実写部門 Lynn Oona Baur
ドイツ/2017 年/8min/Hamburg Media School

≪あらすじ≫ 2032 年。10 歳のルイーザと母親のアンナは全体主義国家と化したドイツに住んでいた。ルイーザも参加して行われた学校での演劇が粗暴なプロパガンダ活動へと変わったとき、アンナは自分の娘を守る必要性を認識した。しかし、それはおそらく手遅れであった。

 観客賞  Audience Award

 『Flower Found! / Bloem?』Jorn Leeuwerink (オランダ)
※Jorn Leeuwerink 監督はアニメーション部門のブランプリも受賞しました。

その他の入選作品

作品 監督 作品情報
『The Net 』 Hae-guen-Jeon 実写 The University of Suwon 韓国/2018 年/32min
『The Unbeaked / L’Imbecqué』 Hugo GLAVIER アニメーション L’école Estienne フランス/2017 年/4min
『ケアンの首達 /
The Spirits of Cairn』
副島しのぶ
(Shinobu Soejima)

アニメーション

東京藝術大学
(Tokyo University of the Arts)

日本/2018 年/7min
『ENDLING』 Alex Schaad 実写 University of Television and Film, Munich ドイツ/2018 年/30min
『ten/10』 Paula Konjušić アニメーション Academy of Fine Arts Zagreb(ALU) クロアチア/2017 年/8min
『AAMIR』 Vika Evdokimenko 実写 New York University アメリカ/2017 年/16min
 『Fundamental /
基石』
邱士杰
(Shih-Chieh Chiu)
アニメーション 國立台灣藝術大學
(National Taiwan University of Arts)
台湾/2017 年/7min
『Facing Mecca』 Jan-Eric Mack 実写 Zurich University of the Arts スイス/2017 年/27min
『At her own pace 』 Yeo-ul Han 実写 Sejong University 韓国/2018 年/26min
『Love Me, Fear Me』 Veronica Solomon 実写 Filmuniversität Babelsberg KONRAD WOLF ドイツ/2018 年/6min

 


 
来年度、第22回京都国際学生映画祭もよろしくお願いします!









 

 

 

 

 

 

お問い合わせ

第21回京都国際学生映画祭実行委員会
〒600-8216 京都市下京区西洞院通塩小路下ル キャンパスプラザ京都6F
TEL:075-353-9430 FAX:075-353-9101
MAIL:info■kisfvf.com(■を@に変換の上送信してください) 
  
twitter Twitterロゴ  

【終了しました】第21回京都国際学生映画祭(11/27~12/2)を開催します!

第21回京都国際学生映画祭がまもなく開幕!

若手学生監督の発掘を目的に開催する京都国際学生映画祭。今年は11月27日(火)から12月2日(日)にかけて、京都文化博物館フィルムシアターで開催します。
 今年は過去最高の588作品が寄せられ、その中から学生実行委員会が選んだノミネート作品16作品を上映します。最終日には最終審査員が選んだ最終審査員賞と、実写部門・アニメーション部門のグランプリが発表されます。はたしてグランプリに輝く作品は!? -その才能に、誰よりも早く気付け-
※本映画祭は、京都の大学生らを中心に構成する京都国際学生映画祭実行委員会が企画・運営を行う日本最大の国際学生映画祭です。

開催プログラム

 

タイムテーブル

 

 

 

 

※クリックすると大きくなります。

 

コンペティション入選作品(全11か国16作品)

プログラムA

『The Net』Hae-guen Jeon
韓国 / 32min
『Mascarpone』Jonas Riemer
ドイツ / 14min
『The Unbeaked』Hugo GLAVIER
フランス / 4min
『Little Red Riding Hood』
Lynn Oona Baur  ドイツ / 8min

 

プログラムB

 
『ケアンの首達』副島しのぶ
日本 / 7min
『ENDLING 』Alex Schaad
ドイツ / 30min
   
 『10』Paula Konjušić
クロアチア / 8min
 『AAMIR』VIKA Evdokimenko
アメリカ / 16min

 

プログラムC

『The Place of Oblivion』
Fernanda Tovar  メキシコ / 18min
『Fundamental』ShihChieh Chiu
台湾 / 7min
『Facing Mecca』Jan-Eric Mack
スイス / 27min
『Overrun』
Pierre Ropars, Antonin Derory, Diane Thirault, Jérémie Cottard, Matthieu Druaud, Adrien Zumbihl フランス / 8min

 

プログラムD

『At her own pace』Yeo-ul Han
韓国 / 26min
『Love Me, Fear Me』
Veronica Solomon ドイツ / 6min
『Flower Found!』Jorn Leeuwerink
オランダ / 6min
『LIKE A GOOD KID』Vazirdaftariイラン / 20min

 

企画プログラム上映作品

① 「JAPAN FOCUS」(11/27 上映)

『一文字拳 序章 -最強カンフー少年対地獄の殺人空手使い-』
中元雄 66min

 

②「二宮健監督特集上映企画」(12/1上映)


『小村は何故、真顔で涙を流したのか』
2016年 /  62min
『THE LIMIT OF SLEEPING BEAUTY-リミット・オブ・スリーピング ビューティー-』
©2017  kingRecords
アークフィルムズ / 89min

 

最終審査員

二宮健(映画監督) 和田淳(映像作家) 廣瀬純(映画批評家)

 

チケット情報

  1DAY パス ALL DAY パス
一般 1,000円 2,000円
学生(高校生以上) 800円 1,800円
中学生以下 無料 無料

※1DAYパス1枚で2プログラムご鑑賞いただけます。
 1プログラムのみご鑑賞のお客様は、別日に残りの1プログラムをご鑑賞いただけます。
※学生(高校生以上)の方は、学生証をご提示ください。
※前売り券・当日券共に同じ料金になります。
※京都文化博物館友の会の会員証をご提示いただきますと、一般の方は500円割引料金で
 ご入場いただけます。
※チケットをご提示いただければ、2階・3階総合展示室の常設展も鑑賞できます。
※チケットはプログラム開始の1時間前から販売します。

作品応募受付結果

開催年度 国内 海外

2018年度

98作品 490作品 588作品

2017年度

129作品 356作品 485作品

2016年度

168作品 371作品 539作品

2015年度

123作品 94作品 217作品

2014年度

163作品 187作品 350作品

2013年度

212作品 145作品 357作品

 

第21回京都国際学生映画祭のチラシはこちら

 

 

 

 

 

 

 

 

 

<本件に関するお問い合わせ先>

第21回京都国際学生映画祭実行委員会 (公益財団法人大学コンソーシアム京都)
〒600-8216 京都市下京区西洞院通塩小路下ル キャンパスプラザ京都内
TEL:075-353-9189(日・月曜休) 
FAX:075-353-9101
E-MAIL:info@kisfvf.com  
HP:http://www.kisfvf.com/

 

第21回京都国際学生映画祭プレイベント「シネマトレイン」「ロケ地発見フォトコンテストin出町柳」を開催しました!

 

「シネマトレイン」にご参加された皆様、ありがとうございました。
「普段見ることのなかったような映画を鑑賞できたのでよかった」「電車で映画を見るという発想が面白かった」など、特別な空間での映画鑑賞は、他にはないイベントとなりました。
次はいよいよ本祭です!皆様のご来場、お待ちしております。

 

「シネマトレイン」概要                                 

【開催日時】2018年9月8日(土)
【開催場所】京阪電車10000系車内及び出町柳駅周辺
【募集人数】90名
【募集期間】2018年7月14日(土)〜8月20日(月)  当日券有り
【参  加  費】大人(中学生以上)1000円、小学生500円、6歳未満無料

  

 

 

 

 

 

 

 

 

当日の様子




 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

「ロケ地発見フォトコンテストin出町柳」受賞者発表

ご応募された皆様、ありがとうございました!
フォトコンテストの受賞者の発表をいたします。

「ロケ地発見フォトコンテストin出町柳」概要
【募集期間】2018年7月14日(土)〜9月17日(月・祝)
【結果発表】2018年9月25日(火)
【撮影場所】出町柳駅周辺
【参  加  費】無料 ※どなたでも応募可能
【各  賞】「最優秀賞」「京都国際学生映画祭賞(kisfvf賞)」「京阪賞」(各1作品)

「最優秀賞」 小林様(京都市)

 

「京都国際学生映画祭賞(kisfvf賞)」
traintrain01様(奈良県)

「京阪賞」traintrain01様(奈良県)

 

 <本件に関するお問い合わせ先>

第21回京都国際学生映画祭実行委員会 (公益財団法人大学コンソーシアム京都)
〒600-8216 京都市下京区西洞院通塩小路下ル キャンパスプラザ京都内
TEL:075-353-9189(日・月曜休) 
FAX:075-353-9101
E-MAIL:info@kisfvf.com  
HP:http://www.kisfvf.com/

<募集は終了しました>【学生対象】第21回京都国際学生映画祭コンペティション作品募集!!(~4/27まで)

 京都国際学生映画祭とは?

 京都国際学生映画祭は、学生の実行委員会が運営する日本最大規模の国際学生映画祭です。国内外を問わず、広く学生監督の映画・映像作品をコンペティション形式で募集し、選考した作品を京都国際学生映画祭(11月下旬開催)で上映、優秀作品を表彰しています。  
 京都は、歴史的に見ても日本映画黎明期の文化遺産を現在も継承する「映画のまち」であり、京都市の人口の1割を学生が占める「大学のまち・学生のまち」でもあります。本映画祭は、学生映画監督・映像作家の国際交流や相互理解の場を創出するとともに、学生という多くの可能性に満ちた作品の中から、今後映画界を支える新たな才能を発掘と発信することを目的に開催しています。

作品募集概要

 本映画祭のコンペティション作品(実写部門・アニメーション部門)を募集しています。多くの出品をお待ちしています。
 詳細については、公式HP、作品募集要項をご覧ください。

【京都国際学生映画祭公式HPはコチラ
 
 
【第21回京都国際学生映画祭募集要項】

第21回京都国際学生映画祭コンペティション作品募集要項
【English version】 Kyoto International Student Film & Video Festival 2018 Rules and Regulations
  
応募期間:2018316()427() 日本時間当日消印有効  
応募は締め切りました。たくさんのご応募、ありがとうございました。
 ■ 募集部門:実写部門・アニメーション部門  
■ 出  品  料:無料  
■ 応募方法:公式WEBサイトにエントリー後、メディア郵送(BD-RおよびDVD-R)またはデータで応募  
■ 応募規定:
(1)応募する際は、以下2部門のいずれかを選択してください。①実写部門/②アニメーション部門
(2)2017年1月1日以降に完成した作品が対象となります。     
(3)作品完成時に監督が学生であることが条件です。         
(4)過去に本映画祭に応募していない作品を受け付けます。         
(5)日本語以外の言語が使用されている作品については、日本語または英語字幕をつけてください。
   ※字幕を付けられない場合は、テキスト台本を提出してください          
(6)出品料は無料です。         
(7)出品数に制限は設けません。         
(8)監督の年齢・国籍は一切問いません。         
(9)作品の長さに制限はありません。


<本件に関するお問い合わせ>
〒600-8216 京都市下京区西洞院通塩小路下るキャンパスプラザ京都内
第21回京都国際学生映画祭実行委員会 
TEL:075-353-9430(月曜休館)※不在の場合はメールにてご連絡ください。
アドレス:info■kisfvf.com(■を@に変更して送信ください)
京都国際学生映画祭実行委員会公式サイト

 TwitterロゴFacebookロゴ

【終了しました】第20回京都国際学生映画祭(11/25~12/1)が開幕!

第20回京都国際学生映画祭がまもなく開幕!

若手学生監督の発掘を目的に開催する京都国際学生映画祭(※)を11月25日(土)から12月1日(金)にかけて、京都シネマで開催します。第20回を迎える本映画祭には38もの国・地域から485作品が寄せられました。その中から学生実行委員会が選んだノミネート作品16作品を上映します。
最終日には最終審査員が選んだ最終審査員賞と、実写部門・アニメーション部門のグランプリ作品が上映されます!
はたしてグランプリに輝く作品は!?-「その才能に、誰よりも早く気付け。」-
※本映画祭は、京都の大学生らを中心に構成する京都国際学生映画祭実行委員会が企画・運営を行う日本最大の国際学生映画祭です。
★上記画像をクリックすると第20回京都国際学生映画祭のリーフレットがご覧いただけます!★

京都国際学生映画祭実行委員を募集!

京都国際学生映画祭を支えてくれる実行委員を募集しています。
大学コンソーシアム京都加盟校所属の大学生はもちろん、関西圏の大学に通う学生ならどなたでも参加可能です!
一緒に京都国際学生映画祭を盛り上げませんか?
詳しくはコチラ

 お問い合わせ

<本件に関するお問い合わせ>
〒600-8216 京都市下京区西洞院通塩小路下るキャンパスプラザ京都内

第20回京都国際学生映画祭実行委員会 
TEL:075-353-9430(月曜休館)※不在の場合はメールにてご連絡ください。
アドレス:info■kisfvf.com(■を@に変更して送信ください)
京都国際学生映画祭実行委員会公式サイト

Twitterロゴ


Facebookロゴ

「はじめての学生映画」@ゼスト御池編<第20回京都国際学生映画祭プレイベントのお知らせ>

第20回映画祭に向けたプレイベントとして、ゼスト御池河原町広場にて上映企画を実施致します。
当日は、河原町広場のマルチビジョンにて、京都国際学生映画祭の過去入選作品を上映致します。
ゆっくりとお楽しみいただけますよう、マルチビジョン前に椅子もご用意しております。
皆様どうぞお立ち寄りください!   

「はじめての学生映画」@ゼスト御池編 開催概要

 日時  2017年11月11日(土)14:30~17:30
 場所  ゼスト御池   河原町広場のマルチビジョン前
 アクセス 地下鉄東西線:「京都市役所前」駅下車 改札を出てすぐ
市バス:「京都市役所前」下車すぐ
 料金  入場無料(出入り自由)

 
★当日上映作品紹介(一部)★   

「その家の名前」         「ゴヤリーナとサンゴ礁」
ゴヤリーナとサンゴ礁


  
  
  

  

作品名 監督名 あらすじ
 
「その家の名前」
(アニメーション/ 4分)
坂上 直 氏 そこはかつて祖父母が、両親が、僕が住んでいた場所。遠い記憶と感情を忘れてしまっても、確かにそこに存在し、これからもあり続ける。 
「ゴヤリーナとサンゴ礁」
(アニメーション/8分)

大城 愛香 氏  このアニメーションは、子どもたちに向けた環境教育を目的として制作しました。内容は、バレリーナを夢見て、ゴーヤの輪切りをいつも着けている子豚のゴヤリーナが珊瑚礁について学んでいくものです。珊瑚が生き物であること、そして、その珊瑚にはたくさんの生物が共にいきていることをミュージカル風に表現しました。

 
<本件に関するお問い合わせ>
〒600-8216 京都市下京区西洞院通塩小路下るキャンパスプラザ京都内
第20回京都国際学生映画祭実行委員会 
TEL:075-353-9430(月曜休館)※不在の場合はメールにてご連絡ください。
アドレス:info■kisfvf.com(■を@に変更して送信ください)
京都国際学生映画祭実行委員会公式サイト

<募集は終了しました>第20回京都国際学生映画祭MCを募集します!

第20回京都国際学生映画祭(11/25~12/1)でMCを担当してくださる学生を募集します!アナウンスが得意な方、映画が好きな方、映画祭を一緒に盛り上げてくれる方など、MC経験の有無は問いません!たくさんのご応募お待ちしております!詳細は応募要項をご覧ください。(画像をクリックしますと別ウィンドウが開きます)



◆募集期間
エントリー期間:8月14日(月)〜9月17日(日)
オーディション日:9月23日(土)、24日(日)のいずれか1日 会場:キャンパスプラザ京都

◆募集人数
 4名

◆応募資格
・関西在住の学生(大学、短期大学、専門学校)であること
・映画が好きで、一緒に映画祭を盛り上げる意思のあること
・オーディション(9月23日・24日のいずれか1日)に参加可能であること
・映画祭開催期間(11月25日〜12月1日)のいずれかの日程で3日以上必ず参加可能であること
・担当するトークショーの上映プログラム作品を事前に鑑賞できること (1プログラムあたり2時間程度)
・10〜11月に京都市内にて当映画祭実行委員会の担当者との事前打ち合わせを行えること
※MC経験の有無は問いません。
 
◆応募方法
①京都国際学生映画祭公式ホームページのお問い合わせフォームからエントリーしてください。
 <お問い合わせフォーム記入例>
 お問い合わせ項目:その他のお問い合わせ
 お名前:映画京子
 電話番号:080-××××-××××
 Eメールアドレス:eiga.love@kisfvf.ne.jp
 お問い合わせ内容:〇〇大学〇〇学部〇〇学科◯回生映画京子です。MC企画に応募したいです。
 ※その他所属(放送局やアナウンサースクール等あればお答えください)

②エントリーシートを添付したメールを実行委員会よりお送りします。
③エントリーシートに必要事項を明記の上、実行委員会宛にご返信ください。
④エントリーシートの記載内容が確認でき次第、受付完了メールを実行委員会よりお送りいたします。

◆応募に関する注意事項
①本企画の参加費は無料です。(オーディションや打ち合わせのための交通費、その他応募に際する費用は自己負担願います)
②採用された場合の映画祭会場への交通費等も自己負担していただきます。
③応募時にご記入いただいた個人情報は、本企画に関わる目的にのみ使用いたします。

◆審査・採用者発表
模擬トークショー形式でのオーディションをもとに、本映画祭の実行委員によって選出いたします。また、選考の結果は応募者にメールにて採否を通知するとともに、本映画祭の公式SNSアカウントでも発表いたします。なお、審査結果への質問や異議申し立てはご遠慮ください。


<本件に関するお問い合わせ>
〒600-8216 京都市下京区西洞院通塩小路下るキャンパスプラザ京都内
第20回京都国際学生映画祭実行委員会 MC募集企画受付係
TEL:075-353-9430(月曜休館)※不在の場合はメールにてご連絡ください。
アドレス:info■kisfvf.com(■を@に変更して送信ください)
京都国際学生映画祭実行委員会公式サイト