ホーム » 事業内容について » 地域連携 » 大学・地域連携サミット

大学・地域連携サミット

当財団では、京都市との協働により、市内における大学・学生と地域の連携事例を広く発信するとともに、地域連携活動に関わる大学・学生や地域団体等が交流する機会として、「大学・地域連携サミット」を開催します。

当日は、「学まち連携大学」促進事業採択大学による事例発表やゲストによる基調講演、京都市内で大学・地域連携の活動に取り組む大学・学生・地域団体等によるポスターセッション(パネルによる事例紹介と意見交換等の交流)を予定しています。
講演や様々な活動事例の報告から、大学・学生と地域の新たな連携の可能性やさらなる地域活性化を目指し、より一層の連携を深めるヒントを見つけませんか!!

どなたでもご参加いただけますのでお気軽にご参加ください。

申込方法、申込期限は下記「お申込について」をご覧ください。

2017年度の実施内容はこちらからご覧ください。

大学・地域連携サミット

日 時 2018年12月2日(日)10:00~12:45
会 場 キャンパスプラザ京都 5階第一講義室/2階ホール
(京都市下京区西洞院通塩小路下る東塩小路町939)
内 容
第1部
10:00-11:50 会場:5階第一講義室

  1. Ⅰ.基調講演 10:00-10:45
    テーマ:コミュニティデザインと住み良い都市空間~ポートランドの事例より

    講演者:
    山崎満広氏

    山崎満広氏

    (プロフィール)
    1975年生まれ。南ミシシッピ大学学士・修士号取得(国際関係学、経済開発専攻)。
    2012年よりポートランド市開発局国際事業開発オフィサーとして、ポートランド都市圏企業の輸出開発支援や投資・企業誘致を担当。2017年6月より独立起業し、コンサルタントとして日米を中心に多くのプロジェクトを手がける。
    現在、つくば市まちづくりアドバイザー、ポートランド州立大学シニアフェロー等を兼任。
    著書に『ポートランド-世界で一番住みたい街をつくる』(第7回不動産協会賞受賞)など。

  2. Ⅱ.鼎談 10:45-11:15
    テーマ:大学のまち京都 大学が地域に果たす役割と地域連携の展望

    山崎満広氏
    深尾昌峰(大学コンソーシアム京都 調査・広報事業部長)
    塩野谷和寛(京都市 総合企画局総合政策室 大学政策部長)

  3. Ⅲ.「学まち連携大学」促進事業報告会 11:20-11:50
    テーマ:「学まち連携大学」促進事業について

    発表者:
    大谷大学・京都教育大学・京都女子大学・京都橘大学・同志社女子大学・龍谷大学
第2部
12:00-12:45 会場:2階ホール
ポスターセッション(大学・学生と地域によるまちづくり事例の紹介)
定 員 200名 ※いずれも先着順(定員に満たない場合は当日申込みも受け付けます。)
参加費 無料
主 催 京都市 ・ 公益財団法人 大学コンソーシアム京都

※開始・終了時間は目安です。進行状況により変更になる場合があります。

2018年度大学・地域連携サミット開催案内チラシ.pdf
ダウンロードはこちらから


【ポスターセッション 出展者一覧】

出展団体は決定次第しだい、掲載いたします。

参加申込について

2018年11月1日(木)~11月30日(金)の期間で参加申込を受け付けます。
11月1日より下記のフォームよりエントリーください。

11月1日(木)からお申込み開始となります。
開始まで、もうしばらくお待ちください。

お問合せ

公益財団法人 大学コンソーシアム京都 大学・地域連携サミット担当
TEL   :075-353-9130 FAX: 075-353-9101
MAIL:chiiki-summit-ml■consortium.or.jp
(■を@に変更して送信してください)
〒600-8216 京都市下京区西洞院通塩小路下るキャンパスプラザ京都内
※窓口受付時間:火~土曜9:00~17:00

事業内容について

PAGE TOP