京都学生祭典


事業概要

京都学生祭典は、学生の力で京都を盛り上げようと、2003年に始まった学生主体による一大イベントで、今年で15回を迎えます。この祭典は、京都の学生で組織する京都学生祭典実行委員会が中心となって企画・運営し、京都府や京都市、経済団体、大学、地域が「オール京都」体制でバックアップしていることに特徴を持つ全国でも珍しい取り組みです。
実行委員会は、10月に開催する京都学生祭典当日の企画・運営だけでなく、祭典から誕生したオリジナル創作おどり「京炎 そでふれ!」を用いたふれあい企画や地域でのイベント参加など、1年間を通じた交流活動も盛んに行っています。
15年目の節目となる2017年度は「文化」をキーワードに、多彩な文化事業とのタイアップのほか、学生自身が「文化」となり、京都の伝統を守り・継承しつつ、既存文化に学生らしさを加えた「学生文化」を自ら創出し、「大学のまち京都・学生のまち京都」の魅力をさらに広く発信していきます。

開催概要

京都学生祭典実行委員会は毎年テーマを設定し、これを基に1年間活動しています。

■テーマに込められた想いと3つの活動目標

“学生のまち京都”と呼ばれるこの京都で、学生である私たち自身が“文化”となり、京都の文化を学び、守り、継承していくとともに、学生らしさを加えた新たな文化である「学生文化」を創出していきます。

① 京都文化・国際文化の再発見

② 学生らしさと文化の融合

③ 学生文化の魅力を広く発信

 第15回京都学生祭典(本祭)

日 程

2017年108日() 11:00-19:30(予定)

会 場

平安神宮前・岡崎プロムナード一帯 (京都市左京区)

主 催

京都学生祭典実行委員会

共 催

京都学生祭典組織委員会(京都府/京都市/京都商工会議所/一般社団法人京都経済同友会/公益財団法人 大学コンソーシアム京都

 特別協力

平安神宮 

実施企画

第15回京都学生祭典(本祭)では、学生の生み出す文化を感じることのできる企画として、今までのおどりや音楽をはじめ、昨年追加したファッションやアートの分野での企画の専門性を高め、よりレベルの高い学生プロデュースの企画を目指していきます。
また、第15回を記念して、京都学生祭典に縁のあるスペシャルゲストをお迎えしての華やかなステージや、今まで以上に京都学生祭典らしさを肌で感じていただける来場者参加型の企画を多く取り入れるなど、アニバーサリーを表現しつつ京都学生祭典ならではの「ALL京都」の祭りとしてより一体感を生みだせるよう計画を進めています。
これにより、学生から発信されるパワーと熱気に包まれた空間で来場者の世代に関係なく、感動・喜び・笑顔・ときめきを、京都学生祭典から創造し、学生の持つ奇跡とこれまで積み重ねてきた15回の軌跡を感じることのできる祭りを創り上げていきます。

本祭テーマ

京都学生祭典のキセキを感じる日

  1. 奇跡…普段別のフィールドで活躍している人々が集結し、学生にしかできない、祭典にしかできない、非日常を創り上げているキセキ
  2. 軌跡…京都学生祭典が歩んできた15年分のキセキ

企画紹介

準備中

<参考>第14回京都学生祭典本祭の様子

詳しくはこちらをクリック▼


京都学生祭典の通年活動紹介

京都学生祭典は、地域に愛される、地域に根付いた「祭」を目指し、地域の皆様と共に年間を通じた様々な交流活動を行っています。

1.第15回記念事業【京都学生祭典15thアニバーサリーフェスタ】

企画主旨

第15回京都学生祭典は、より多くの人に京都の魅力、学生文化を発信すべく、10月に開催する本祭以外に今年は2つの大きなプレイベント「京都学生祭典15thアニバーサリーフェスタ」を開催します。地域を巻き込み、魅了していくことで、集大成である本祭につなげていきます。そして、京都学生祭典が掲げる活動理念(「京都の魅力発信」「地域活性」)をさらに実現させ、京都の皆様に愛されるお祭りとなる事を目指します。

実施概要

■京都学生祭典 15thアニバーサリーフェスタ feat.地下鉄東西線20周年記念

日 時  2017年6月4日(日)11:00-16:00(予定)
場 所  京都学園大学 京都太秦キャンパス (京都市右京区)
 アクセス:
 ・京都市営地下鉄東西線 太秦天神川駅 下車徒歩3分
 ・京福嵐山本線 嵐電天神川駅 下車徒歩5分
 ・JR嵯峨野線 花園駅 下車徒歩15分
共 催 京都学園大学地下鉄東西線
協 力  右京区役所太秦病院
内 容  学生文化発信を目的とした文化体験型イベント
 ステージ企画(おどり、音楽など)、子ども向け体験企画、縁日企画、ご当地キャラクター企画 ほか
詳 細  準備中


■京都学生祭典 15thアニバーサリーフェスタ  第2弾(仮称)

日 時  2017年8月頃(日時未定)
場 所  未定
共 催  未定
協 力  未定
内 容  学生文化発信を目的とした文化体験型イベント
詳 細  未定

2.京都文化力プロジェクト2016-2020連携事業との連携

企画主旨

「京都文化力プロジェクト2016-2020」は、2020年東京オリンピック・パラリンピック競技大会等を契機として、京都を舞台に行われる文化と芸術の祭典です。第15回京都学生祭典では、2017年度に開催される以下の3つの事業とのタイアップにより、京都の文化・学生の文化を広く世界に向けて発信していきます。

連携予定の3つの事業(2017年3月現在)

◆東アジア文化都市2017

・2017年9月16日(土)・17日(日)@岡崎地域一帯
「日中韓文化ウィークn京都」にて連携(国際交流活動)

◆お茶の京都博

・2017年4月2日(日)@淀川河川公園背割堤地区
 お茶の京都博オープニングイベント「さくら茶会」出展
 “プレミアムティーアンバサダー”として茶の振る舞い他)

・2017年4月15日(土)@道の駅お茶の京都みなみやましろ村
 オープニングイベント出演

◆大政奉還150周年記念プロジェクト

・秋期に行われるイベントと連携予定

 

3.京都学生文化発信の日

企画主旨

実行委員会では第15回の開催を記念して、2017年4月から毎月15日を「京都学生文化発信の日」と設定し、京都学生祭典実行委員をはじめとした京都の学生が中心となって、京都の文化を「体験」、京都学生文化を「発信」していきます。
歴史と伝統ある多種多様な文化に精通している人たちをお招きし、それらの文化を学び、それを学生の視点で発信することを「京都学生流」と称し、京都の文化をさらに魅力的なかたちや視点で広めていきます。
詳しくは、京都学生祭典公式Webサイトから配信します。

4.京炎 そでふれ!プロモーションプロジェクト

企画主旨

第15回記念事業として、京炎 そでふれ!を活用したプロモーション動画を制作、SNSや動画配信サイト等を用いて配信し、世界に向け、京都学生祭典と京炎そでふれ!の認知度向上を目指します。動画の中には、「京都」「学生」「文化」の3要素を盛り込み、「京都の寺社仏閣ver.」や「京都の大学ver.」など、数パターンを制作します。
※公開は2017年9月を予定

5.東北プロジェクト

企画主旨

第11回(2013年)から取り組んでいる「東北プロジェクト」が今回5年目の節目を迎えるにあたり、集大成企画として、プロジェクトを通じて関わった団体との連携企画を計画しています。(2017年3月現在)

日 時

2017年10月8日(日)(予定)

会 場

京都学生祭典本祭会場内

内 容

準備中

<参考>2016年度東北プロジェクトtouhokibana

6.国際交流企画

企画主旨

第15回京都学生祭典では、第13回から取り組んでいる国際化への取り組みを継続して行っていきます。今年度は学生による京都や日本の文化の更なる国際的魅力発信に向け、「お茶の京都博」と連携したイベントや、東アジア圏の国を始めとした留学生との交流(東アジア文化都市2017)など、昨年以上に盛んな国際交流活動を行います。外国人の方々が京都の魅力を知り、京都にもう一度来たい、学びたいと思ってもらえることを目的に活動していきます。

kokusai

国際交流活動スケジュール(2017年3月現在)

2017年4月

国際交流企画(文化体験等)

5月

国際交流企画(文化体験等)

6月

国際企画@京都学園大学

7月

国際交流ベント@イオンモール京都

8月

打ち水(複数回@市内各所)

8月

国際企画[京都学生祭典プレイベント@京都駅ビル]

9月

国際企画[日中韓文化Week@岡崎]

10月

国際企画[第15回京都学生祭典(本祭)@岡崎]

<参考>2016年度国際交流活動

kousaibana

7.地域交流活動

企画主旨

実行委員会では、京都学生祭典の会場である岡崎地域やこれまでの活動でご縁をいただいた地域の方々と交流することで日頃の感謝や祭典に向けての協力関係を築いています。

  • 地域の安全を守る夜間パトロール(月2回)京都岡崎・安寧地域
  • 地域の美化を目指したクリーンアップ活動(月1回程度)京都岡崎・安寧・梅逕・三条地域・鴨川
  • 地域の環境問題に取り組む打ち水活動(夏季)京都岡崎・安寧・梅逕・三条・伏見地域
  • 地域の祭りへの参加(夏季)京都岡崎・安寧・梅逕・三条・紫竹地域

8.その他の通年活動

    • オリジナル創作おどり『京炎 そでふれ!』の普及活動(年間500回を超えるおどり披露・出前教室)
    • 京都市民を対象とした大学や京都にまつわるイベント(商業施設や地域商店街にて)
    • 活動紹介、本祭告知を目的とした展示・PR活動(京都市内全域)
    • 高校生を対象としたキャリア交流会

トピックス

ドキュメントムービーはこちらmubi

学生支援

学生の成長プログラム

大学コンソーシアム京都では、学生自身が「主体的につくり上げること」を基本に、学生の日々の活動をサポートしており、主体的な活動によって接する多種多様な人々との「交流」や「経験」が新たな「気づき」や「学び」となって学生の成長につながることを期待しています。
具体的には、学生の活動を一つのプロジェクトに見立て、チームで一つの目標に向かい、チームで成果を出すことに重点を置いたPDCAサイクルの手法を取り入れています。活動の円滑な遂行と事業の改善、事業の継続的発展を目標に掲げ、以下の支援方法を推進することで学生の成長を促す仕組みづくりに取り組んでいます。

京都学生祭典におけるPDCAサイクル

    • 計画期(11~5月頃):情報収集・気付きを与える・企画立案
    • 試行期(5~9月頃):プレ企画(本祭を模した中規模企画)の実施
    • 検証期(6~8月頃):中間振り返り会の実施
    • 実行期(10月):本企画の実施
    • 成果発信(10~11月頃):事後振り返り会、成果報告会の実施

<参考>実行委員を対象とした学生の成長実感調査

当財団では、2015-2016年度、京都学生祭典の実行委員会活動における実行委員の成長実感調査を行いました。実行委員会の活動はインターカレッジで社会と連携して行う正課外活動という点に独自性があります。この活動によりどのように成長するのかを、以下の3つの手法によって調査し、定量的・定性的、主観的・客観的に分析しました。
■手法
 ①客観的にジェネリックスキルを測定できるPROGテスト
 ②独自の能力指標をレベル別に確認できるルーブリック形式のアンケート
 ③20名を超える実行委員のインタビュー調査
■結果
 ■□調査報告はこちら□■

特設サイト(外部サイト)

京都学生祭典についてもっと詳しく知りたい方はこちらをCheck!(公式Webサイト・公式SNSサイト)

京都学生祭典オフィシャルサイト    Facebook   Twitter   instagram

お問い合わせ先

公益財団法人 大学コンソーシアム京都 京都学生祭典 担当
TEL 075-353-9189 FAX 075-353-9101
〒600-8216 京都市下京区西洞院通塩小路下るキャンパスプラザ京都内
※営業時間:火~土曜9:00~17:00(年末年始を除く)

事業内容について

PAGE TOP