2012年度 第15回京都国際学生映画祭


開催概要

kisfvf_2012_1

第15回京都国際学生映画祭 Kyoto International Student Film & Video Festival 2012

日  程
2012年11月17日(土)~ 11月23日(金・祝)
17日(土)~ 22日(木):<第1部> 16:00~18:00 <第2部>18:45~20:45
23日(金):授賞式 13:15~16:00
会  場
京都シネマ(京都市下京区烏丸通四条下る西側 COCON烏丸3F)
料  金
1プログラム500円・フリーパス1,400円
主  催
公益財団法人 大学コンソーシアム京都
企画運営
京都国際学生映画祭実行委員会
運営支援
京都国際学生映画祭企画検討委員会
助  成
芸術文化振興基金/一般財団法人ニッシャ印刷文化振興財
特別協力
京都シネマ
連  携
京都府高等学校芸術文化連盟放送専門部

第15回京都国際学生映画祭 リーフレット【詳細はこちらから】

開催プログラム

タイムテーブル

kisfvf_2012_2

最終審査員

・真利子哲也 氏(映画監督)
<主な監督作品>
『マリコ三十騎』(2004)第7回京都国際学生映画祭グランプリ受賞
『イエローキッド』『NINIFUNI』『FUN FAIR』など

・水江 未来 氏(アニメーション作家・インディーズレーベルCALF所属)
<主な作品>
『LOST UTOPIA』(2007)第10回京都国際学生映画祭入選 など多数

・由良 泰人 氏(大阪成蹊大学 准教授・京都国際学生映画祭 企画検討委員)
映像表現を中心とした作品を制作し、主にドイツ、ポーランド、韓国などのアートフェスティバルや短編映画祭で発表活動をおこなっている。

各プログラム上映作品

コンペティションプログラム

入選作品の上映および監督と実行委員によるトークショー
7プログラム全19作品(短編10作品、長編9作品 / 国内9作品、海外10作品)

 
作品名・監督名・所属学校・国籍
部門
A『The Philatelist』Jan-Gerrit Seyler(Hamburg Media School|ドイツ) 短編
『海外志向』太田達成(日本大学|日本)長編
『Light Years』Florian Knittel(Filmakademie Baden-Württemberg|ドイツ)長編
B『See you next life』Hong - Ren, Chen(National Taiwan University of Arts|台湾)短編
『いないいないばあば』白石慶子(東京藝術大学大学院|日本)短編
『One shoe walks barefoot』Jie Lu(Academy of Media Arts Cologne|ドイツ)短編
『小野寺たまこの初恋』杉目七瀬(日本大学|日本)長編
C『This is Libby』Ruby Railey(Unitec Institute of Technology|ニュージーランド)短編
『Chained by Corsets』Barbara Szewczyk(Polish National Film School in Lodz|ポーランド)長編
『翼よごらんあれが恋の灯だ』山口淳太(近畿大学|日本)長編
D『Roots of the Hidden』Elizabeth Sevenoaks(The Arts University College at Bournemouth|イギリス短編
『大童貞の大冒険』二宮健(大阪芸術大学|日本)長編
E『かしこい狗は、吠えずに笑う』渡部亮平(立命館大学|日本)長編
F『くつした』加藤郁夫(アート・アニメーションのちいさな学校|日本)短編
『そこに在るとして』小田憲和(九州大学大学院|日本)短編
『罪人』Yi - Jyun, Lu(Kun Shan University|台湾)長編
G『MAGNET』Gaurav. N. Shimpi(Film and Television Institute of India|インド)短編
『Nest』Gan De Lange(The Sam Spiegel Film & TV School – Jerusalem|イスラエル)短編
『僕達の結合と不都合』敦賀零(大阪芸術大学|日本)長編

特別企画 登竜門企画 

過去映画祭でコンペティション入選作品の上映およびトークショー。1プログラム全3作品。

作品名・監督名
第10回グランプリ『少年と町』小林達夫
第10回入選『LOST UTOPIA』水江未来
第7回グランプリ『マリコ三十騎』真利子哲也

特別企画② 関西ある視点

関西映像系大学・学部学生作品上映およびトークショー。2プログラム全7作品
第Ⅰ部『狂気とユーモア』

作品名・監督名
『徴兵令』中村慧(京都造形芸術大学|京都)
『笑う大仏』永田佳大(大阪芸術大学|大阪)
『つくすみ』佐々木勝己(大阪電気通信大学|大阪)
『ペテン師たちの箱庭』金田彩花(成安造形大学|滋賀)

第Ⅱ部『すれ違う想い、恋』

作品名・監督名
『切なき恋は待ちたれど。』金子智明(京都精華大学|京都)
『棒つきキャンディー』酒井麻衣(京都造形芸術大学|京都)
『空の白』佐藤公紀(大阪芸術大学|大阪)

特別企画 Worldwide Collection -映画祭の歩き方-

コンペティションに応募された海外作品の上映。1プログラム全9作品。

 
作品名・監督名
北アメリカ『DEEP FOG』Takanori Yano(International School of Motion Pictures|アメリカ)
『Portrait From Haiti』Giovanni Fantoni Modena(NYU Tisch School|アメリカ)
南アメリカ『EVERY GIRL BUT ME』Natalia Dolensky(ENERC|アルゼンチン)
アジア『ALLAH IS GREAT』Andrea Iannetta(Film and Television Institute of India|インド)
ヨーロッパ『Nazi Goreng』Nathan Nill(Hamburg Media School|ドイツ)
『Encounter』Matthias Zuder(Hamburg Media School|ドイツ)
『Parrot Peeter Aurelius』Anti Naulainen(Baltic Film and Media School|エストニア)
『Klovesteinen』Anders Furveik(The Arts University College at Bournemouth|イギリス)
『The Amazing Elephant Man』Jonathan Headon(The Arts University College at Bournemouth|イギリス)

連携企画 映画と僕らの交差点 – 高校生作品集

第5回春の高校生映像フェスティバルin Kyoto で評価された作品の上映および監督による舞台挨拶。

作品名・監督名
『幽霊と出会ったら』今園真聡(立命館高等学校)
『放送探偵部』山口十夢(京都両洋高等学校)
『HOMEBASE』中川愛梨沙(京都府立福知山高等学校)
『置き勉 ~迫りくるアイツら~』清水千尋(京都市立紫野高等学校)
『迫る手』川端美穂(京都府立北嵯峨高等学校)

コミュニケーション・ギャラリー kara-S

日 時
2012年11月17日(土)~ 11月23日(金・祝)
会 場
京都精華大学サテライトスペースkara-S(京都シネマ横)
料 金
無料
上映プログラム
作品名・監督名
『死にたすぎるハダカ』アベラヒデノブ(大阪芸術大学)
『悲しき子供』堀越勇輝(日本大学)
『ウサギのため息』山路晃平(名古屋学芸大学)
『東京物語』上田謙太郎(東京芸術大学大学院)
伊藤高志映画作品集(全15作品)伊藤高志(京都造形芸術大学芸術学部映画学科 教授)

実施報告

2012年11月17日(土)~ 11月23日(金・祝)京都シネマにて第15回京都国際学生映画祭が開催されました。会期中は、全13プログラム・1企画が行われ、延べ約1010名ものお客様にご来場いただきました。

各プログラムでは、学生作家が手掛けた作品上映のほか、実行委員と学生作家によるトークショーも行われ、制作にまつわる裏話など、作品を鑑賞するだけではわからない秘話も繰り広げられ、興行映画とは一味違う、学生ならではの目線による作品の面白さを感じていただきました。

kisfvf_2012_3
kisfvf_2012_4

また、国内のみならず海外作家も多数来日し、実行委員との交流の場も設けられ、実行委員と作家がともに創り上げる日本最大級の学生映画祭は盛況の内に閉幕いたしました。
会場へお越しくださいました皆様、また、本映画祭へ作品をご応募くださいました学生作家の皆様、そして、本祭開催にあたり多方面にてご支援くださいましたすべての皆様の感謝申し上げ、開催のご報告とさせていただきます。

実績など

授賞作品一覧

部門
作品名・監督名・所属学校・国籍
グランプリ短編部門『Nest』Gan De Lange (The Sam Spiegel Film & TV School, Jerusale|2011|12min10sec)
長編部門『海外志向』太田達成(日本大学|2011|28min34sec|長編)
審査員特別賞真利子 哲也 賞『The Philatelist』Jan-Gerrit Seyler(Hamburg Media School|ドイツ)
水江 未来 賞『くつした』加藤郁夫(アート・アニメーションのちいさな学校|日本)
由良 泰人 賞『MAGNET』Gaurav. N. Shimpi(Film and Television Institute of India|インド)
観客賞短編部門『The Philatelist』Jan-Gerrit Seyler(Hamburg Media School|ドイツ)
長編部門『大童貞の大冒険』二宮健(大阪芸術大学|日本)
実行委員賞『Light Years』Florian Knittel(Filmakademie Baden-Württemberg|ドイツ)

※グランプリ:実行委員と最終審査員により選定
※最終審査員賞:最終審査員が入選作品の中から選定
※観客賞:会期中、上映された入選作品の中から観客の投票により選定

来場者数(2012年11月17日(土)~ 11月23日(金・祝)

1.010名(コミュニケーション・ギャラリーKara-s来場者含む)

コンペティション応募作品数

362作品(短編240作品、長編122作品/国内235作品、海外127作品)

<応募作品内訳>

kisfvf_2012_5
kisfvf_2012_6
kisfvf_2012_7

お問い合わせ先

公益財団法人 大学コンソーシアム京都 京都国際学生映画祭 担当
TEL 075-353-9189 FAX 075-353-9101
〒600-8216 京都市下京区西洞院通塩小路下るキャンパスプラザ京都内
※営業時間:火~土曜9:00~17:00(年末年始を除く)

事業内容について

PAGE TOP