2013年度


開催概要

京都高大連携研究協議会では高校生が将来に向かうための学習意欲喚起、また、各校におけるキャリア教育の推進に寄与することを目的に実施しています。

2013年度
sg_orinarl_2010_2

Kyotoカタリ場

現役大学生が高校生一人ひとりと「現在の自分」「将来の姿」について語り合い、大学生の経験を聞くことを通じて、心の中にある「やる気」を引き出し、高校生が自ら将来を考えることを目的としたプログラムです。

日程
実施対象校
2013年6月9日(土)京都の大学『学び』フォーラム滋賀会場内企画
2013年10月23日(水)京都府立洛西高等学校
2013年10月26日(土)京都の大学『学び』フォーラム京都会場内企画
2013年10月30日(水)京都府立乙訓高等学校
2013年11月6日(水)京都市立日吉ケ丘高等学校
2013年11月11日(月)京都市立紫野高等学校
2013年11月28日(木)京都府立洛水高等学校
2013年12月6日(金)京都府立東稜高等学校
2013年1月30日(木)京都府立向陽高等学校
2013年2月19日(水)京都府立西城陽高等学校
2013年2月20日(木)京都府立桃山高等学校
2013年2月21日(金)京都府立東宇治高等学校

京都府北部地域生徒向け企画「まるっとーく」

京都府南部地域と比較して、日常的に「大学」と接する機会が少ない京都府北部地域の高校生を対象に、大学生ならびに地域の社会人から様々な経験や思いを聞く機会を創ることで、進学に対するイメージの醸成だけではなく自らの将来について考える契機とすることを目的としたプログラムです。

日 程
2014年3月15日(土) 9時00分~11時30分
会 場
京都府立綾部高等学校体育館
主 催
京都高大連携研究協議会(事務局:大学コンソーシアム京都)
協 力
まるっとデザイン(学生団体)
参加者
高校生(1年)50名、大学生20名(11大学)、地域の方(12名)
内 容
京都府北部地域の高校生を対象としたキャリア教育プログラム
①グループ分け
②アイスブレイク(うそつき自己紹介)
③「好きなこと」「挑戦<やってみたいこと>」「思い出」を書き出し見せ合う
④自分の色 自分を色で表現、理由を発表
⑤大学生・地域の方のスピーチ
⑥まとめ(3年後の自分を想像する)

女子生徒・学生向け企画

高校生や大学生からは、過ぎてしまった今だからわかる「その時やっておけばよかったこと」「やっておいてよかったこと」など、世代間のトークならではの質問が出され、それぞれ大学生、社会人が自分の実体験を踏まえてホンネで語りかける場面も見られ、あっという間に半日の企画が終了しました。
参加した高校生からは、大学生や社会人の経験からだけでなく、同世代である他の高校の高校生の発言にも刺激を受けている様子が見られました。また、看護などの専門職を目指す高校生・大学生は、現場で働く女性の先輩のリアルな声を直接聞ける良い機会となっているようでした。さらに、大学生からは、「自分のことを語り、それに真剣に耳を傾け、共感したり意見を言ってもらえる場はとても貴重」との声も聞かれ、高校生だけでなく大学生にとってもより良い学びの場になったようです。図らずも、社会人として「支援者」の立場で参加した参加者たちの中でも世代を超えた女性の異業種交流の場になり、各世代とも満足度の高い内容となりました。

日 程
2013年12月14日(土) 9時30分~12時00分
会 場
キャンパスプラザ京都 2階 第2会議室・第3会議室
主 催
京都高大連携研究協議会(事務局:大学コンソーシアム京都)
内 容
ガールズキャリアトークin京都
~イマどきの女性のキャリアって?素敵なトークで考えてみよっ♪~
①高校生と大学生のグループワーク
②高校生・大学生と社会人のグループワーク

事業内容について

PAGE TOP