2017年度

当財団では、京都市との協働により、市内における大学・学生と地域の連携事例を広く発信するとともに、地域連携活動に関わる大学・学生や地域団体等が交流する機会として、「大学・地域連携サミット」を開催します。

当日は、「学まち連携大学」促進事業採択大学による事例発表やゲストによる基調講演、京都市内で大学・地域連携の活動に取り組む大学・学生・地域団体等によるポスターセッション(パネルによる事例紹介と意見交換等の交流)を予定しています。
講演や様々な活動事例の報告から、大学・学生と地域の新たな連携の可能性やさらなる地域活性化を目指し、より一層の連携を深めるヒントを見つけませんか!!

どなたでもご参加いただけますのでお気軽にご参加ください。

申込方法、申込期限は下記「お申込について」をご覧ください。

2016年度の実施内容はこちらからご覧ください。

大学・地域連携サミット

日 時 2017年11月12日(日)10:00~13:00
会 場 キャンパスプラザ京都 5階第一講義室/2階ホール
(京都市下京区西洞院通塩小路下る東塩小路町939)
内 容 第1部 10:00-12:00 会場:5階第一講義室
 Ⅰ.基調講演 10:00-10:55
   テーマ:まちであそぼう。~地域も学生も疲れないまちづくり~
   講演者:谷口 知弘氏(福知山公立大学教授)

ymzk

(プロフィール)
1964年生まれ、お茶どころ京都府宇治田原町湯屋谷出身。1990年京都工芸繊維大学大学院修了。デザインコンサルタントに勤務の後、京都工芸繊維大学助手、立命館大学助教授、同志社大学大学院総合政策科学研究科教授、京都工芸繊維大学創造連携センター特任教授、コンサルタント事務所経営を経て2016年4月より現職。
20年程前、瀬戸内の港町で市民参加のサイン計画を企画・実践して以来、市民参加によるワークショップの専門家として,嵐山さくらトイレ、鴨川公園出町地区ワークショップ、京都市未来まちづくり100人委員会など市民参加・協働のまちづくりプロジェクトに参画。地域社会の問題を市民・企業・行政等が協力して解決する協働のまちづくりに取り組む。「Tシャツからまちづくりまで」をキャッチフレーズに学生や地域の人々と共に研究・実践中。

 Ⅱ.事例発表 11:00-12:00
   テーマ:「学まち連携大学」促進事業について
   発表者:大谷大学・京都教育大学・京都女子大学・京都橘大学・同志社女子
   大学・龍谷大学
第2部 12:00-13:00 会場:2階ホール
 ポスターセッション(大学・学生と地域によるまちづくり事例の紹介)

定 員 200名 ※いずれも先着順(定員に満たない場合は当日申込みも受け付けます。)
参加費 無料
主 催 京都市 ・ 公益財団法人 大学コンソーシアム京都

※開始・終了時間は目安です。進行状況により変更になる場合があります。

2017年度大学・地域連携サミット開催案内チラシ.pdf
ダウンロードはこちらから


開催報告

 11月12日(日)キャンパスプラザ京都にて2017年度「大学・地域連携サミット」を開催しました。
 当日は第1部に、福知山公立大学教授 谷口知弘氏により、「まちであそぼう。~地域も学生も教職員も疲れないまちづくり~」をテーマに講演いただきました。

基調講演1
基調講演2


第1部:谷口知弘氏による基調講演の様子

 基調講演後、「学まち連携大学」促進事業採択大学(大谷大学・京都教育大学・京都女子大学・京都橘大学・同志社女子大学・龍谷大学)の教職員と学生による、各大学の地域連携の取組状況について、報告がありました。

大学事例発表1
大学事例発表1


第1部:「学まち連携大学」促進事業採択大学による事例発表の様子

 第2部では大学・学生と地域によるまちづくり事例を紹介するポスターセッションが行われました。地域で活動する20の団体が参加し、特色ある取組が紹介されました。来場者の方やポスターセッション発表者同士で活発な意見交換や交流行われました。
※展示ポスターは、下記のポスターセッション出展者一覧にリンク

ポスターセッション1
ポスターセッション1


第2部:ポスターセッションの様子

 第2部の終了後、ポスターセッション発表者による交流会を開催しました。4人ずつのテーブルに分かれ、自己紹介・活動紹介を行い、次に参加者から提案されたテーマのうち、自分の関心のあるテーマのテーブルに集まって話し合いを行いました。
 最初は慣れない状況に緊張している皆さんも、会が始まると徐々に緊張も解けて、和やかな雰囲気の中で意見交換が行われました。
 参加者からは、「様々な年代、他大学との交流ができ、新しい視点から意見がもらえてよかった。」「これまで他団体との交流が少なく、どのように活動しているか知らなかったため、同年代の意見を聞くことができてよかった。」「何人かと連絡先を交換でき、ますます活動の幅を広げられる機会となったように思う。」といったご意見をいただきました。

交流会1
交流会2


交流会3
交流会4


ポスターセッション発表者による交流会の様子

【ポスターセッション 出展者一覧】

 事業名団体名詳細
1ORIGAMI科学で文化発信
~折り紙の文科融合~
これからの算数・数学教育を考える会PDF 
2地蔵盆プロジェクトによる地域の活性化と
環境にかかるまちづくり
龍谷大学・東高瀬川の環境保護と地蔵盆
プロジェクトチーム
PDF 
3京都学園大学「京學堂」京フルーツプロジェクト京都学園大学「京學堂」PDF 
4団地のつながりを取り戻す連携プロジェクト龍谷大学政策学部Ryu-SEI GAP「学生団体 はうすまいる」PDF 
5竹造-TAKEZO-地域でつくりあげる行事竹造(嵯峨美術大学・嵯峨美術短期大学・学生サークル)PDF 
6高雄活性化プロジェクト佛教大学 京都・高雄活性化プロジェクトPDF 
7子ども科学教室わくわく研究室PDF 
8北白川こども食堂「からふる」学生団体からふるPDF 
9着物ファッションショー「いろよい—色に酔う。彩りが宵を包むから。」京都着物企画PDF 
10ソイカルfrom静原~京都大豆食文化の発信~みらい発信局 おむすび 〜静原応援隊〜PDF 
11醍醐中山団地 陶灯路京都橘大学現代ビジネス学会まちづくり研究会PDF 
12福祉施設と学生の商品共同開発プロジェクト京都女子大学 福祉施設との共同商品開発デザインチーム(まごころプロジェクト)PDF 
13京都の伝統染織産業と学生のデザインプロジェクト京都女子大学 伝統をつなぐ会PDF 
14東山地区を中心とした多言語観光案内標識の整備プロジェクト京都女子大学 文学部外国語準学科PDF 
15北海道のまちづくり
-持続可能なまちづくりから多世代・多地域間のつながりを考える-
同志社女子大学現代社会学部社会システム学科 天野太郎ゼミPDF 
16左京区一乗寺、修学院エリアの飲食店や商店を会場とした音楽フェスについて一乗寺DOP実行委員会PDF 
17京都の大学生活のリアルを発信するWEBメディア「コトカレ」の運営京都学生広報部PDF 
18京都学生消防サポーターライセンス制度について京都学生消防サポーターPDF 
19ユニバーサルツーリズムの推進に関する取組東山観光支援コミュニティ
(京都産業大学 経営学部 松高ゼミ)
PDF 
20若い力で安全安心な京都の街づくりに貢献!~学生だからできること、学生にしかできないこと~学生防犯ボランティア
「ロックモンキーズ」
PDF 

参加申込について

2017年度の参加申込は終了しました

2017年10月3日(火)~11月10日(金)の期間で参加申込を受け付けます。
10月3日より下記のフォームよりエントリーください。
          

お問合せ

公益財団法人 大学コンソーシアム京都 大学・地域連携サミット担当
TEL   :075-353-9130 FAX: 075-353-9101
MAIL:chiiki-summit-ml■consortium.or.jp
(■を@に変更して送信してください)
〒600-8216 京都市下京区西洞院通塩小路下るキャンパスプラザ京都内
※窓口受付時間:火~土曜9:00~17:00

事業内容について

PAGE TOP