「第2回 京都高大接続地域ネットワークプログラム」
あなたの大学は広告?広報? 違いが分かる学生募集広報とは

第2回 京都高大接続地域ネットワークプログラム

「あなたの大学は広告?広報? 違いが分かる学生募集広報とは」

18歳人口の減少が進むなか、大学における広報の役割はますます重要になっています。SNSの普及により業務も多様化し、広報業務はその多忙さゆえ、実施することが目的化してしまう事例も見受けられます。
このプログラムでは広報の全体像を把握し、自身が取り組んでいる業務が「広告」なのか「広報」なのか、各業務を何のために実施しているのかを客観的に認識することを狙いとします。
また、「オープンキャンパス」「高校訪問」「媒体広告(冊子、WEBSNS、動画等)」の実施目的、ステークホルダーについて考え、グループワークで自大学と他大学の学生募集広報の違いを認識し、最適解について考えてもらいます。
皆様の積極的なご参加をお待ちしております。

日 時 2024年6月22日(土)13:30~16:30(受付13:00~)
場 所 ①キャンパスプラザ京都5階 第2~第4演習室
 (京都市下京区西洞院通塩小路下ル)
登壇者 長野 留三子 氏
 共立女子大学 大学企画課 広報企画グループ
構 成

13:30~13:40 開会の挨拶・本企画の趣旨・スケジュール説明
13:40~14:10 講義①
       「広報と広告の違い/3つの広報」
14:10~14:30 個人ワーク(自大学の広報業務を整理)
14:30~15:00 講義②
       「学生募集広報の3大メインストリームについて考える」
15:00~15:30 グループワーク
       (各大学のオープンキャンパスや高校訪問等の広報業務について
        事例発表と情報共有)
15:30~16:00 全体での情報共有
16:00~16:15 総括
16:15~16:30 閉会の挨拶・アンケート回答
17:30~      懇親会

※プログラム内で適宜休憩時間を設けます。

参加費 無料
対 象 大学教職員で、学生募集広報に興味がある方、広報部門で働いている方。
※新人~中堅教職員を対象とした内容となっています。
※京都府外の方もご参加いただけます。
定 員 最大30名程度(申込先着順)
事前課題 ①自大学の広報に携わる部署とその業務内容を把握しておく
 プログラムの個人・グループワークで使います。学内で広報を担当している
 部署が複数ある場合は、それぞれの部署の担当業務内容を整理しておいて
 ください。
 ※実際の業務概要まで把握しておくことが望ましい
②広報が上手だと思う大学を2つ挙げ、その理由を自分なりにまとめておく

◆①②につきまして、以下のとおり事前課題を事務局にご提出ください。◆
●様式
①A4用紙、1枚にまとめてください。
②パワーポイント1スライドにまとめてください。(対象の大学の広報画像を
 入れてください。その大学を挙げた理由は、当日ワーク内で口頭発表しますの
 で、スライドに入れなくても可)
 各課題のファイル名に所属と氏名を記載してください。
 【例:課題①◆大学:氏名】

●送付
 以下のメールアドレスに送信してください。
 kodai@consortium.or.jp
●提出期限
 2024年6月20日(木)
申込開始 加盟大学  2024年5月22日(水)~
非加盟大学 2024年6月4日(火)~
主 催 京都高大連携研究協議会(京都府教育委員会/京都市教育委員会/京都府私立中学高等学校連合会/京都商工会議所/公益財団法人 大学コンソーシアム京都)

申込方法

以下の「お申し込み」ボタンをクリックして、必要事項にご記入のうえ、お申し込みください。

※お申込み後、事務局から申込完了のメールをお送りいたします。
 2~3日経ってもメールが届かない場合は、お手数ですが、以下の問い合わせ先までご連絡ください。

申込締切

2024年6月20日(木)17:00

お問い合わせ先

公益財団法人大学コンソーシアム京都 教育開発事業部 高大連携事業担当
電話:075-353-9153 FAX:075-353-9101 
〒600-8216 京都市下京区西洞院通塩小路下るキャンパスプラザ京都内
※窓口受付時間:火~土曜 9:00~17:00(年末年始を除く)

【報告】第21回高大連携教育フォーラム報告集を公開しました

 2023年12月2日(土)に開催しました第21回高大連携教育フォーラム
「どうすれば良い問いをデザインできるか-高校の探究と大学の研究の共通点を探る-」の
報告集が完成いたしました。
下記の各項目をクリックすると、PDFにてご覧いただけます。全ページ一括の報告集についても、下記よりPDFにてご覧いただけます。

第1部

開会挨拶  
趣旨説明 「どうすれば良い問いをデザインできるか
   -高校の探究と大学の研究の共通点を探る-」
基調講演1 協働する探究と問いのデザイン
 ~学習指導要領における資質・能力の3つの柱と連携させて~
基調講演2 問いづくりの今、そしてこれから
 〜問いと問いづくりをめぐる思考と実践の旅〜
フロア参加型鼎談

第2部 分科会

第1分科会 高大接続に向けた新しいチーム探究活動は、
どのように開発・実践されたのか?
第2分科会 そもそも「良い問い」とは何か
 ~理科の実践を通して、「良い問い」の指標をつくる~
第3分科会 情報教育で繋がる・繋げる高等学校と大学
 ~理想と現実、期待と不安を越えて~

特別分科会①
【高大接続】

高校から大学へ 入学前教育の現状とGP
 共催:一般社団法人大学アドミッション専門職協会

特別分科会②
【大学生と高校生の共創】

大学生と高校生の共創がつくり出す物語とは
 ~高校生と大学生が描く未来~


※全ページ一括の報告集は、こちらからご覧いただけます。
 第21回高大連携教育フォーラム報告集

お問合せ

公益財団法人 大学コンソーシアム京都 教育開発事業部 高大連携事業担当
TEL 075-353-9153 FAX 075-353-9101
〒600-8216 京都市下京区西洞院通塩小路下るキャンパスプラザ京都内
※営業時間:火~土曜9:00~17:00(年末年始を除く)

【報告】第20回高大連携教育フォーラム報告集を公開しました


 2022年12月3日(土)に開催しました第20回高大連携教育フォーラム「2020年代を通じて実現すべき高大連携―生徒・学生が『持続可能な社会の創り手』となるために―」の報告集が完成いたしました。
 下記の各項目をクリックすると、PDFにてご覧いただけます。全ページ一括の報告集についても、下記よりPDFにてご覧いただけます。

 次回、第21回高大連携教育フォーラムは、2023年12月2日(土)に開催の予定です。詳細については、決まり次第お知らせいたします。

第1部

開会挨拶  
趣旨説明 2020年代を通じて実現すべき高大連携
―生徒・学生が『持続可能な社会の創り手』となるために―
記念講演1 高等学校教育には何が求められているか
~「令和の日本型学校教育」答申の描くもの~
記念講演2 トランジション実現のための影響の大きな高校・大学での学びを
理論的、実証的に示す
パネルディスカッション どうすれば「持続可能な社会の創り手」を育成できるのか

第2部 分科会

第1分科会 高大連携を継続・発展させる意義と工夫
~夏期実習「地球環境と海の生態系」を通して~
第2分科会 高校の探究学習は、キャリア発達にどのように影響しているのか
第3分科会 『大学の学び』を展望する高校での学びと体験
~生徒の主体的・多面的な参加~
特別分科会①【高大接続】 持続可能な社会の創り手の育成につながる高大接続
~国際比較から見える可能性~
特別分科会②【高大社連携キャリア教育】 高大社連携フューチャーセッション成果報告
~生徒・学生実行委員会によるサードステージを振り返る~

その他

参加者アンケート結果


※全ページ一括の報告集は、こちらからご覧いただけます。
 第20回高大連携教育フォーラム報告集

お問合せ

公益財団法人 大学コンソーシアム京都 教育開発事業部 高大連携事業担当
TEL 075-353-9153 FAX 075-353-9101
〒600-8216 京都市下京区西洞院通塩小路下るキャンパスプラザ京都内
※営業時間:火~土曜9:00~17:00(年末年始を除く)

【高校・大学教職員対象】「第16回高校・大学教職員交流会」2月4日(土)参加者募集

「京都高校・大学教職員交流会」は、高校・大学双方の抱える課題についての工夫や悩みを共有し、相互理解を深め、立場を超え、解決に向けて交流いただく場です。

このたび、以下のとおり、第16回を開催いたします。

※第14回まで「京都高校教員交流会」という名称で開催していました。

第16回京都高校・大学教職員交流会

探究を経験した学生は、大学でどのように成長しているのか

高等学校における探究学習が、大学進学やキャリア選択においてどのような影響をもたらすのか。
探究学習を始める前と終えた後で生徒にどのような変容が見受けられるのか。

実際に探究学習を経て大学に進学した大学生による「探究学習が、入試を含む自身の進路にどのように関わったか」についての事例報告をもとに、探究の成果について学びを深めます。

また、探究学習をデザインする高等学校教員、入試・接続に関わる大学教職員、さらには大学生や探究学習に取り組む高校生を交え、立場を超えた意見交換・交流の機会とします。

 皆様の積極的なご参加をお待ちしております。

 

◆第16回京都高校・大学教職員交流会チラシはこちらから【ダウンロード

日 時 2023年2月4日(土)14:00~16:00(受付13:45~)
場 所 ハイブリッド形式
①キャンパスプラザ京都
 (京都市下京区西洞院通塩小路下ル)京都駅ビックカメラ前すぐ
②オンライン(Zoomミーティング)
コーディネーター 滋野 哲秀  氏(元 龍谷大学 文学部 教授/元 京都教育大学大学院 教授)
事例報告者 探究を経験した大学生 若干名
構 成
14:00~14:10 開会・趣旨説明
14:10~14:50 事例報告
14:50~15:00 休憩
15:00~15:50 質疑応答・意見交換
15:50~16:00 まとめ・閉会
※申込者数等により、一部内容が変更になる場合がございます。
参加費 無料
対 象 高等学校・大学教職員(京都府内の大学に通う大学生・高校生も可)
※京都府外の方も参加いただけます。
※オンライン参加の場合、カメラ・マイクをオンにできる環境下でご参加いただける方が対象です。
定 員 30名:会場15名・オンライン15名(先着順)
主 催 京都高大連携研究協議会(京都府教育委員会/京都市教育委員会/京都府私立中学高等学校連合会/京都商工会議所/公益財団法人 大学コンソーシアム京都)

■注意事項(必ずご確認ください)

※新型コロナウイルス感染症拡大の状況により、オンラインのみの開催に変更する場合がございます。予めご了承ください。

<会場参加の方>
・以下、新型コロナウイルス感染症対策にご協力いただきますようお願いいたします。
  ①必ずマスクを着用し、会場に設置の消毒液で手指の消毒をしてください。
  ②発熱等の症状(発熱、咳、のどの痛み、息苦しさなどの症状)がある場合は、来場をご遠慮ください。
  ③ハンカチやハンドタオル等を持参いただき、手洗いの後は十分な手拭きを行ってください。
  ④会場ではスタッフが入室時に体温チェックをし、定期的に換気を行います。予めご了承ください。

<オンライン参加の方>
・Zoomアプリケーションのインストールを推奨いたします。
・グループワークでは、Zoomでブレイクアウトセッションを行いますので、カメラ・マイクをオンにしてご参加ください(聴講のみの参加はご遠慮ください)。
・開催1週間前には、Zoomへの入室方法をご案内いたします。

申込方法

以下の「お申し込み」ボタンをクリックして、必要事項にご記入のうえ、お申し込みください。

※お申込み後、事務局から申込完了のメールをお送りいたします。
 2~3日経ってもメールが届かない場合は、お手数ですが、以下の問い合わせ先までご連絡ください。

申込締切

2023年1月27日(金)

お問い合わせ先

公益財団法人大学コンソーシアム京都 教育開発事業部 高大連携事業担当
電話:075-353-9153 FAX:075-353-9101 
〒600-8216 京都市下京区西洞院通塩小路下るキャンパスプラザ京都内
※窓口受付時間:火~土曜 9:00~17:00(年末年始を除く)

【高校・大学教職員対象】「第15回高校・大学教職員交流会」12月17日(土)参加者募集

「京都高校・大学教職員交流会」は、第14回まで「京都高校教員交流会」と称し、学校や設置者の別を超えて、学校・ホームルームの運営、授業改善等についての工夫や悩みを共有し、解決に向けて交流いただく場として開催していました。
今回より名称を変更し「高校・大学双方の抱える課題についての工夫や悩みを共有し、相互理解を深め、立場を超え、解決に向けて交流いただく場」として、高校・大学双方の教職員を対象に開催いたします。

その第1回目として、以下のとおり、第15回京都高校・大学教職員交流会を開催いたします。

第15回京都高校・大学教職員交流会

探究を経験した学生は、大学でどのように成長しているのか

高等学校における探究学習が、大学進学やキャリア選択においてどのような影響をもたらすのか。
探究学習を始める前と終えた後で生徒にどのような変容が見受けられるのか。

今回は、実際に探究学習を経て大学に進学した大学生による「探究学習が、入試を含む自身の進路にどのように関わったか」についての事例報告をもとに、探究の成果について学びを深めます。
また、探究学習をデザインする高等学校教員、入試・接続に関わる大学教職員、さらには大学生を交え、それぞれの役割やあり方、課題をもとに、自校の探究学習への活用や大学への接続について立場を超えた交流の機会とします。

皆様の積極的なご参加をお待ちしております。

◆第15回京都高校・大学教職員交流会チラシはこちらから【ダウンロード

日 時 2022年12月17日(土)14:00~16:00(受付13:45~)
場 所 ハイブリッド形式
①キャンパスプラザ京都
 (京都市下京区西洞院通塩小路下ル)京都駅ビックカメラ前すぐ
②オンライン(Zoomミーティング)
コーディネーター 滋野 哲秀  氏(元 龍谷大学 文学部 教授/元 京都教育大学大学院 教授)
事例報告者 探究を経験した大学生 若干名
構 成
14:00~14:10 開会・趣旨説明
14:10~14:50 事例報告
14:50~15:00 休憩
15:00~15:50 質疑応答・意見交換
15:50~16:00 まとめ・閉会
※申込者数等により、一部内容が変更になる場合がございます。
参加費 無料
対 象 高等学校・大学教職員(京都府内の大学に通う大学生も可)
※京都府外の方も参加いただけます。
※オンライン参加の場合、カメラ・マイクをオンにできる環境下でご参加いただける方が対象です。
定 員 30名:会場15名・オンライン15名(先着順)
主 催 京都高大連携研究協議会(京都府教育委員会/京都市教育委員会/京都府私立中学高等学校連合会/京都商工会議所/公益財団法人 大学コンソーシアム京都)

■注意事項(必ずご確認ください)

※新型コロナウイルス感染症拡大の状況により、オンラインのみの開催に変更する場合がございます。予めご了承ください。

<会場参加の方>
・以下、新型コロナウイルス感染症対策にご協力いただきますようお願いいたします。
  ①必ずマスクを着用し、会場に設置の消毒液で手指の消毒をしてください。
  ②発熱等の症状(発熱、咳、のどの痛み、息苦しさなどの症状)がある場合は、来場をご遠慮ください。
  ③ハンカチやハンドタオル等を持参いただき、手洗いの後は十分な手拭きを行ってください。
  ④会場ではスタッフが入室時に体温チェックをし、定期的に換気を行います。予めご了承ください。

<オンライン参加の方>
・Zoomアプリケーションのインストールを推奨いたします。
・グループワークでは、Zoomでブレイクアウトセッションを行いますので、カメラ・マイクをオンにしてご参加ください(聴講のみの参加はご遠慮ください)。
・開催1週間前には、Zoomへの入室方法をご案内いたします。

第16回京都高校・大学教職員交流会

同テーマの“第2弾”として、以下のとおり開催いたします。
 【日時】2023年2月4日(土)14:00~16:00(受付13:45~)
 【対象】高等学校・大学教職員、京都府内の高校生・大学生

※第16回では、これから探究学習に取り組む、または現在取り組んでいる高校生も加わり、それぞれの立場を超えた交流を目指します。
※詳細は、12月の公開を予定しています。

申込方法

以下の「お申し込み」ボタンをクリックして、必要事項にご記入のうえ、お申し込みください。

※お申込み後、事務局から申込完了のメールをお送りいたします。
 2~3日経ってもメールが届かない場合は、お手数ですが、以下の問い合わせ先までご連絡ください。

申込締切

2022年12月7日(水)

お問い合わせ先

公益財団法人大学コンソーシアム京都 教育開発事業部 高大連携事業担当
電話:075-353-9153 FAX:075-353-9101 
〒600-8216 京都市下京区西洞院通塩小路下るキャンパスプラザ京都内
※窓口受付時間:火~土曜 9:00~17:00(年末年始を除く)

【ご案内】第20回高大連携教育フォーラムの会場で参加される方へ


第20回高大連携教育フォーラムは、新型コロナウイルス感染症拡大防止・予防の観点から、本フォーラムの登壇者および参加者の皆さまの健康と安全を最優先とし、京都府が公表している「京都府新型コロナウイルスガイドライン」にしたがって、実施・運営を行います。

各会場は満席となる可能性がございます。あらかじめご了承ください。

会場で参加される皆さまに、安心してご来場・ご参加いただくために、ご理解・ご協力のほどお願い申しあげます。


<関連リンク>
新型コロナウイルス感染症に関連する情報について(京都府)
新型コロナウイルス感染症に関する特設ページ(大学コンソーシアム京都:3/5更新)
まん延防止解除時の施設利用の取扱いについて(キャンパスプラザ京都:3/18更新)

会場で参加される皆さまへのご理解・ご協力のお願い

以下の症状がある方は参加をお控えください。

・平熱よりも1度以上の熱がある方
・味覚・嗅覚障害、息苦しさ(呼吸困難)、強いだるさ、咳、咽頭痛等の体調不良がある方
・新型コロナウイルス感染症の陽性者と濃厚接触がある方
・国が定める入国後の自宅待機期間を経過していない方
・国が定める入国後の自宅待機期間を経過していない方と濃厚接触がある方
・その他、体調に不安がある方
 ※高齢者や既住者のある方等、重症化リスクの高い方は、医師の判断や関係機関の情報を確認のうえ、慎重な判断をお願いいたします。

フォーラム当日は、以下のことにご協力ください。

■マスク着用・手指消毒
・会場では、必ず不織布マスクを着用してください(着用ができない正当な理由がある場合を除く)。
・咳エチケットにご協力をお願いいたします。
・マスクを着用されていない場合、入場をお断りする場合がございます。
・こまめな手洗いや入場時には手指の消毒を行ってください。
・受付およびグループワークを除き、会話は最小限に抑えてください。

■受付時
・混雑を避けるために事前申込制となっております。当日の参加受付は行っておりませんので、あらかじめご了承ください。
・開会前は大変混雑しますので、お早めにご来場ください。
 ※受付開始は、9時30分から予定しています。
・受付前やエレベーター内の人数を制限いたしますので、1階ロビーでお待ちいただく場合がございます。スタッフからの誘導にご協力ください。
・受付では検温を行い、37.5℃以上の発熱、体調の優れない方のご入場はお断りさせていただきます。

■座席の移動禁止
・会場内における移動を制限させていただきます。
・受付後、第1部会場では、資料が置かれている座席をご利用ください。
 ※資料が置かれていない座席には着席できません。
・プログラム終了まで最初に着席した座席位置でご参加ください。

■座席確認
・着席可能な座席に、座席番号を付した資料封筒を配付しています。
 ※自分の座席以外の資料は持ち帰ることはできません。資料は1人1部です。
・万が一、新型コロナウイルス感染症への感染が確認された場合、フォーラム終了後に連絡して座席番号をお尋ねする可能性があります。
・1週間程度、資料封筒は廃棄せずに保管しておいてください。

■退場時
・第1部会場では、整理退場を行います。スタッフからの誘導にご協力ください。
・人と人との距離を十分にとって、会話は最小限に抑えてください。

■感染が確認された場合
・新型コロナウイルス感染症への感染が確認された場合、または濃厚接触が疑われる場合、地方自治体や保健所からの開示要請によりお申込み情報を提供する場合がございます。あらかじめご了承ください。
・地方自治体や保健所から連絡がある可能性がありますが、その際には、担当機関の指示に従った行動をお願いいたします。

会場における感染症拡大防止・予防への取り組み

・受付では非接触体温計を用いて、すべての来場者に検温を実施いたします。
・会場内の換気を徹底し、外気取入れによる換気を行います。
・会場内各所にアルコール消毒液を設置するとともに、手すりなどの会場内消毒を強化いたします。
・人と人との間隔は十分な距離を確保いたします。
・登壇者・関係者・スタッフは自宅での検温やマスクの着用、手指消毒を徹底いたします。
・スタッフからのお声がけは極力最低限に控えさせていただきます。

お問い合わせ先

公益財団法人大学コンソーシアム京都 教育開発事業部 高大連携事業担当
電話:075-353-9153 FAX:075-353-9101 
〒600-8216 京都市下京区西洞院通塩小路下るキャンパスプラザ京都内
※窓口受付時間:火~土曜 9:00~17:00(年末年始を除く)

【主に高校教員対象】「第14回京都高校教員交流会」10月15日(土)参加者募集

「京都高校教員交流会」は、学校や設置者の別を越えて、学校・ホームルームの運営、授業改善等についての工夫や悩みを共有し、解決に向けて交流いただく場です。

このたび、以下のとおり、第14回を開催いたします。

第14回京都高校教員交流会

総合的な探究の時間における教員の役割とは
―探究は、教員としてのアイデンティティにどのような変化をもたらすのか―

「総合的な探究の時間」をはじめとする探究学習をどのようにデザインすればよいのか。
探究活動における教員の役割とはどうあるべきなのか。
探究学習の評価はどのように行えばよいのか。

全ての高等学校で新学習指導要領が完全実施となる中、探究の取り組みを学び、各々の高等学校でのカリキュラムデザインに活かせるよう、さまざまな事例報告をもとに、交流・意見交換します。
「個別最適な学び」「伴走者」「評価」をキーワードに、参加者間で課題を出し合い、交流を深め、探究が教員のキャリア・アイデンティティにどのような変化をもたらすのかについても考える機会とします。

今回は、7月開催の「第13回京都高校教員交流会」に引き続き、同じテーマで異なる報告者による“第2弾”となります。

皆様の積極的なご参加をお待ちしております。

◆第14回京都高校教員交流会チラシはこちらから【ダウンロード

日 時 2022年10月15日(土)13:30~15:30(受付13:15~)
場 所 ハイブリッド形式
①キャンパスプラザ京都
 (京都市下京区西洞院通塩小路下ル)京都駅ビックカメラ前すぐ
②オンライン(Zoomミーティング)
コーディネーター 滋野 哲秀  氏(元 龍谷大学 文学部 教授/元 京都教育大学大学院 教授)
報告者 高田 那緒  氏(京都市立堀川高等学校 教諭)
構 成

13:3013:40 開会・趣旨説明
13:4014:20 事例報告
14:2014:30 休憩
14:3015:20 質疑応答・意見交換
15:2015:30 まとめ・閉会

※申込者数等により、一部内容が変更になる場合がございます。
参加費 無料
対 象 主に高等学校教員(高等学校の教員免許を取得している大学院生も可)
※京都府外の方も参加いただけます。
※オンライン参加の場合、カメラ・マイクをオンにしてブレイクアウトセッションに参加いただける方
定 員 30名:会場15名・オンライン15名(先着順)
主 催 京都高大連携研究協議会(京都府教育委員会/京都市教育委員会/京都府私立中学高等学校連合会/京都商工会議所/公益財団法人 大学コンソーシアム京都)

■注意事項(必ずご確認ください)

※新型コロナウイルス感染症拡大の状況により、オンラインのみの開催に変更する場合がございます。予めご了承ください。
※会場でご参加いただく場合には、下記の点にご留意ください。
  ①必ずマスクを着用し、会場に設置の消毒液で手指の消毒をしてください。
  ②発熱等の症状(発熱、咳、のどの痛み、息苦しさなどの症状)がある場合は、来場をご遠慮ください。
  ③ハンカチやハンドタオル等を持参いただき、手洗いの後は十分な手拭きを行ってください。
  ④会場ではスタッフが入室時に体温チェックをし、定期的に換気を行います。予めご了承ください。

※オンラインでご参加いただく方には、当日10:00頃にZoomへの参加方法をご案内いたします。

申込方法

以下の「お申し込み」ボタンをクリックして、必要事項にご記入の上、お申し込みください。

※お申込み後、事務局から申込完了のメールをお送りいたします。
 2~3日経ってもメールが届かない場合は、お手数ですが、以下の問い合わせ先までご連絡ください。

申込締切

2022年10月5日(水)

お問い合わせ先

公益財団法人大学コンソーシアム京都 教育開発事業部 高大連携事業担当
電話:075-353-9153 FAX:075-353-9101 
〒600-8216 京都市下京区西洞院通塩小路下るキャンパスプラザ京都内
※窓口受付時間:火~土曜 9:00~17:00(年末年始を除く)

【主に高校教員対象】「第13回京都高校教員交流会」7月9日(土)参加者募集

「京都高校教員交流会」は、学校や設置者の別を越えて、学校・ホームルームの運営、授業改善等についての工夫や悩みを共有し、解決に向けて交流いただく場です。

このたび、以下のとおり、第13回を開催いたします。

第13回京都高校教員交流会

総合的な探究の時間における教員の役割とは
―探究は、教員としてのアイデンティティにどのような変化をもたらすのか―

「総合的な探究の時間」をはじめとする探究学習をどのようにデザインすればよいのか。
探究活動における教員の役割とはどうあるべきなのか。
探究学習の評価はどのように行えばよいのか。

全ての高等学校で新学習指導要領が完全実施となる中、探究の取り組みを学び、各々の高等学校でのカリキュラムデザインに活かせるよう、さまざまな事例報告をもとに、交流・意見交換します。
「個別最適な学び」「伴走者」「評価」をキーワードに、参加者間で課題を出し合い、交流を深め、探究が教員のキャリア・アイデンティティにどのような変化をもたらすのかについても考える機会とします。

皆様の積極的なご参加をお待ちしております。

◆第13回京都高校教員交流会チラシはこちらから【ダウンロード

日 時 2022年7月9日(土)13:30~15:30(受付13:15~)
場 所 ハイブリッド形式
①キャンパスプラザ京都
 (京都市下京区西洞院通塩小路下ル)京都駅ビックカメラ前すぐ
②オンライン(Zoomミーティング)
コーディネーター 滋野 哲秀  氏(元 龍谷大学 文学部 教授/元 京都教育大学大学院 教授)
報告者 多々納 智  氏(京都府立宮津天橋高等学校宮津学舎 教諭)
構 成

13:3013:40 開会・趣旨説明
13:4014:20 事例報告
14:2014:30 休憩
14:3015:20 質疑応答・意見交換
15:2015:30 まとめ・閉会

※申込者数等により、一部内容が変更になる場合がございます。
参加費 無料
対 象 主に高等学校教員(高等学校の教員免許を取得している大学院生も可)
※京都府外の方も参加いただけます。
※オンライン参加の場合、カメラ・マイクをオンにしてブレイクアウトセッションに参加いただける方
定 員 30名:会場15名・オンライン15名(先着順)
主 催 京都高大連携研究協議会(京都府教育委員会/京都市教育委員会/京都府私立中学高等学校連合会/京都商工会議所/公益財団法人 大学コンソーシアム京都)

■注意事項(必ずご確認ください)

※新型コロナウイルス感染症拡大の状況により、オンラインのみの開催に変更する場合がございます。予めご了承ください。
※会場でご参加いただく場合には、下記の点にご留意ください。
  ①必ずマスクを着用し、会場に設置の消毒液で手指の消毒をしてください。
  ②発熱等の症状(発熱、咳、のどの痛み、息苦しさなどの症状)がある場合は、来場をご遠慮ください。
  ③ハンカチやハンドタオル等を持参いただき、手洗いの後は十分な手拭きを行ってください。
  ④会場ではスタッフが入室時に体温チェックをし、定期的に換気を行います。予めご了承ください。

※オンラインでご参加いただく方には、当日10:00頃にZoomへの参加方法をご案内いたします。

第14回京都高校教員交流会

今回と同じテーマで異なる報告者による“第2弾”として、以下のとおり開催いたします。
【日 時】2022年10月15日(土)13:30~15:30(受付13:15~)
【報告者】高田 那緒  氏(京都市立堀川高等学校 教諭)
※詳細は、こちら

申込方法

以下の「お申し込み」ボタンをクリックして、必要事項にご記入の上、お申し込みください。

※お申込み後、事務局から申込完了のメールをお送りいたします。
 2~3日経ってもメールが届かない場合は、お手数ですが、以下の問い合わせ先までご連絡ください。

申込締切

2022年6月30日(木)

お問い合わせ先

公益財団法人大学コンソーシアム京都 教育開発事業部 高大連携事業担当
電話:075-353-9153 FAX:075-353-9101 
〒600-8216 京都市下京区西洞院通塩小路下るキャンパスプラザ京都内
※窓口受付時間:火~土曜 9:00~17:00(年末年始を除く)

【高校生・大学生対象】2022年度「高大社連携フューチャーセッション」実行委員募集


2022年度高大社連携フューチャーセッションの開催に向けて、主体となって、テーマや内容、構成などを企画検討し、広報や当日の運営まで担っていただける実行委員を募集します!
実行委員会では、6月~11月の開催当日にかけて、高校生・大学生が主体となって、SlackやZoomを用いて集い、対話や交流を通して、開催当日の企画をつくり上げます。

◆「高大社連携フューチャーセッション」とは ◆
 高校生・大学生のキャリア発達を促すことを目的とした高大連携キャリア教育プログラムです。将来に向けて新たな価値を創造するため、毎回テーマを設定し、そのテーマについて、高校生・大学生・社会人といった異なる世代、学校間を越えて、未来志向で対話・交流します。

※2022年度高大社連携フューチャーセッション実行委員募集チラシは、こちら

2022年度高大社連携フューチャーセッション実行委員会

 実行委員会では、6月から11月の開催にかけて、以下の内容をもとに企画を検討し、広報、準備、当日運営など、さまざまな活動を行います。

開催日 2022年11月3日(木・祝)
趣 旨 新型コロナウイルス感染症の影響により、ICT環境の発展、副業・兼業・リモートの促進など、社会状況も価値観も大きく変化して、「学び方」「働き方」「暮らし方」の多様性が広がっている。
この2022年4月から民法一部改正の施行により、成年年齢が20歳から18歳に引き下がる。これは、さらに大きな社会変化となり、時代の転機にもなるだろう。 様々な面で転換期を迎える「今」、高校生・大学生にとって、この変化は未来にどうつながるのか。変化の先の未来はどう自分たちにかかわってくるのか。
今年度の「高大社連携フューチャーセッション」では、高校生・大学生・社会人といった世代、学校間を超えて、自分たちの今を意識しながら、近未来の「学ぶ」「働く」「暮らす」の新しいあり方について対話・交流したい。
コーディネーター 乾    明紀  氏(京都橘大学 経済学部 准教授)
杉岡 秀紀  氏(福知山公立大学 地域経営学部 准教授)
オブザーバー 滋野 哲秀  氏(元 龍谷大学 文学部 教授/元 京都府立桃山高等学校  校長)
主 催 京都高大連携研究協議会(京都府教育委員会/京都市教育委員会/京都府私立中学高等学校連合会/京都商工会議所/公益財団法人 大学コンソーシアム京都)

主な活動内容

・オリエンテーション
・上記趣旨に沿ったプログラム(テーマ、構成、ゲスト候補者、会場など)の検討
・広報用チラシの作成
・広報活動
・開催当日に向けたマニュアル作成などの準備
・開催当日の運営(司会進行、ファシリテーターなど)
・実行委員会の提起開催(コーディネーター、事務局との進捗状況の確認、スケジュール調整など)
・その他、担当者間でのミーティング
・成果報告・振り返り

主なスケジュール(予定)

6月19日(日)
13:00~15:00
オリエンテーション兼事前説明会(対面開催予定)
6月下旬 第1回実行委員会
7月~8月末 企画検討、広報準備
7月下旬 第2回実行委員会
8月11日(木・祝)
13:00~16:00
模擬フューチャーセッション(対面開催予定)
8月下旬 第3回実行委員会
9月下旬 第4回実行委員会
9月~10月末 広報活動、事前準備
10月下旬 第5回実行委員会
11月3日(木・祝) 開催当日(対面開催予定)
12月10日(土)
13:00~15:00
成果報告会兼振り返り会(対面開催予定)

※進捗状況等により変更となる場合があります。
※対面開催予定については、新型コロナウイルス感染症拡大の状況により変更となる場合があります。
※実行委員会やその他のミーティングでは「Zoom」を用いる予定です。
※実行委員同士のやりとりやコーディネーター、事務局との連絡手段として「Slack」を利用する予定です。

【参考】2021年度高大社連携フューチャーセッション実行委員の声

  • 自分1人ではできないことでもみんなで力を合わせればあらゆることができるようになるということをとても感じました。(高校1年)
  • イベントを1から企画していくにあたっての手順や会議の進行の仕方を学んだ。また、自分の意見を積極的に発言したり、他の人の意見を尊重して聞いたりなど、コミュニケーションの方法も学んだ。(高校1年)
  • とてもいい経験になり、とてもいい思い出になりました。多くのことを学べ、たくさんの人と交流でき、とても楽しかったです!(高校2年)

(実行委員対象アンケート結果より抜粋)

※2021年度高大社連携フューチャーセッションの企画概要は、こちら

※(参考)2020年度高大社連携フューチャーセッション実行委員募集説明PVは、こちら

募集要項

対象

京都府内の高等学校・大学に通う高校生・大学生のうち、下記に該当する方

■開催当日や実行委員会、その他上記の実行委員会の活動に積極的に参加できる方
■Zoom、Slackなどを活用できるデバイス(PC、タブレット端末など)やインターネット環境をお持ちの方

定員

 10名~15名程度
※応募者多数の場合、抽選とさせていただくことがあります。

応募方法

以下の「お申し込み」ボタンをクリックして、必要事項にご記入の上、お申し込みください。

※高校生は、実行委員会への参加にあたり、保護者の承諾書が必要となります。
 (詳細は応募締切後、別途ご案内します。)

応募締切

2022年5月31日(火)
2022年6月10日(金)※延長しました

お問い合わせ先

公益財団法人 大学コンソーシアム京都 高大連携事業担当
TEL 075-353-9153 FAX 075-353-9101
〒600-8216 京都市下京区西洞院通塩小路下るキャンパスプラザ京都内
※窓口受付時間:火~土曜9:00~17:00(年末年始を除く)

【報告】第19回高大連携教育フォーラム報告集を公開しました。

 
 2021年12月4日(土)に開催しました第19回高大連携教育フォーラム「探究的な学びから研究へ―教育改革のジャンピングボードとなるためには―」の報告集が完成いたしました。
 下記の各項目をクリックすると、PDFにてご覧いただけます。全ページ一括の報告集についても、下記よりPDFにてご覧いただけます。

 次回第20回高大連携教育フォーラムは、2022年12月3日(土)に開催の予定です。詳細については、決まり次第お知らせいたします。

第1部

開会挨拶  
趣旨説明 探究的な学びから研究へ
―教育改革のジャンピングボードとなるためには―
基調講演 探究的な学びは大学での学びにどのような影響をもたらすのか
事例報告① 村高発「地域を育てる学力」への挑戦
~若者が地域を創る~
事例報告② REALIZE!ゼロから始めた探究の現在地
~生徒の「やりたい」をカタチに~
パネルディスカッション 探究的な学びから研究へ

第2部 分科会

第1分科会【国語】 国語科における探究的な学びのあり方
~「実社会」「言語文化」をキーワードに~
第2分科会【地歴・公民】 “知”の世界地図をつくろう
~探究心を深める授業づくりにおける高大接続の在り方~
第3分科会【理科】 探究的な学びのための環境づくり
特別分科会①【高大接続】 探究活動とアドミッション
~入試や接続教育で高校までの探究活動をどう位置づけるか~
(共催:一般社団法人大学アドミッション専門職協会)
特別分科会②【高大社連携キャリア教育】 高大社連携フューチャーセッション成果報告
~実行委員会によるセカンドステージを振り返る~

その他

参加者アンケート結果

※全ページ一括の報告集は、こちらからご覧いただけます。
 第19回高大連携教育フォーラム報告集

お問合せ

公益財団法人 大学コンソーシアム京都 教育開発事業部 高大連携事業担当
TEL 075-353-9153 FAX 075-353-9101
〒600-8216 京都市下京区西洞院通塩小路下るキャンパスプラザ京都内
※営業時間:火~土曜9:00~17:00(年末年始を除く)